top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ももクロ[イベントレポート]約1年2ヵ月ぶりの有観客イベントで解き放った圧倒的な多幸感「みんなが来てくれて嬉しい」

Pop'n'Roll

ももいろクローバーZが、4月3日(土)と4日(日)の2日間に渡って横浜アリーナにて、ニッポン放送のラジオ番組『ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo』の番組イベントを開催。昨年2月に開催した同イベント以来、約1年2ヵ月ぶりとなる有観客でのイベントとなった。3日(土)は<裏>と題して“桜”をテーマに森山良子を、4日(日)は<表>と題して“家族”をテーマに中川家をゲストに迎えて、ライブ&トーク、スペシャル企画を実施した。本記事では、4月3日の公演のオフィシャルレポートをお届けする。

【画像はこちら】

イベントはスクリーンに映し出された“ニッポン放送 ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo 〜バレンタイン DE NIGHTだぁ〜Z! 2021「裏」”というタイトルとともにスタート。その直後、年号が“2020”に切り替わる。このイベントではお馴染みの垣花正アナウンサーのナレーションで“ももクロの4人が、モノノフの前で直にパフォーマンスを見せた最後の姿。それが、この<バレイベ>だったんです”というアナウンスとともに昨年の様子が映し出され、1年2ヵ月という月日を経て“ももクロ再始動”という言葉で4人がステージに登場した。

リスナー、ファンもこの1年2ヵ月の間ずっとももクロを待っていただけあって、4人との久しぶりの再会に大喜び。

1曲目「行くぜっ!怪盗少女 -ZZ ver.-」のイントロが流れ始めると、サイリウムをメンバーカラーに染めて、声が出せないという制約の中、腕を振って盛り上がる。その勢いを止めないように、2曲目も疾走感溢れる楽曲「stay gold」を投下。

曲を終えるとMCに突入し“声は出せないけれど、一緒にやってください!”と呼びかけ、恒例の自己紹介へ。そして、4人も久しぶりのリスナー、ファンとの再会を喜び、“楽しんでいってください”とメッセージを送った。

続いて、今年リリースしたばかりの劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』の主題歌「月色Chainon」や「サラバ、愛しき悲しみたちよ」を熱唱。キレのあるダンスを魅せた。

ここで、垣花アナウンサーが進行として登場。久しぶりの有観客イベントの感想を聞かれたメンバーは、“(観客が)いるといないとで全然違う!”“声は出せないけれど、コールが聞こえてくるんですよ!”と、ファンと再会した喜びを語った。

広告の後にも続きます

ソロ曲を披露するコーナーへ。

トップバッターとなった百田夏菜子が歌うのは「赤い幻夜」。百田が初ヒロインを務めた映画『すくってごらん』の主題歌となった同曲を、映画の雰囲気を表現するようにしっとりと歌い上げた。

続いては、高城れにによる「everyday れにちゃん」。百田とは対照的に、ステージ上で飛び跳ねたり、ひたすら笑顔を見せたりと、高城らしさ全開のステージを見せつけた。

ニッポン放送<ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo 〜バレンタイン DE NIGHTだぁ〜Z! 2021「裏」>横浜アリーナ(2021年4月3日)

ニッポン放送<ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo 〜バレンタイン DE NIGHTだぁ〜Z! 2021「裏」>横浜アリーナ(2021年4月3日)

再びMCコーナーでは、“桜”にまつわるゲストとして森山良子が登場。初共演の想い出や、森山がももクロに抱いている想い、音楽一家である森山の家族にまつわる話などをトーク。

そんな森山は「涙そうそう」と「聖者の行進」の2曲を披露。「聖者の行進」では、ももクロとコラボレーション。森山の歌声に合わせて、ももクロメンバーはダンスでファンを魅了した。

ニッポン放送<ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo 〜バレンタイン DE NIGHTだぁ〜Z! 2021「裏」>横浜アリーナ(2021年4月3日)

ニッポン放送<ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo 〜バレンタイン DE NIGHTだぁ〜Z! 2021「裏」>横浜アリーナ(2021年4月3日)

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル