top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

福岡市と北九州市を「すぐ隣」だと思ってない? 実は、横浜とさいたまくらい離れています

Jタウンネット

東京の人は、北海道の距離感をまったく理解していない、とツイッターなどで話題になったことがある。まあ定番ネタと言えるが……。

だが同様のことは、九州でも言えそうだ。東京人は九州の距離感を全然分かっとらん、と怒っている九州人は少なくないようだ。

例えば、福岡市と北九州市を、

「すぐ隣町のように思ってないか? あんたらは!」(九州人)
「えーッ、違うの?」(東京人)

というように。

2021年3月29日、次のようなツイートが投稿され、注目を集めている。

投稿者のpom(@omdepartments1)さんが示した地図、左は横浜~川崎に青いマーカーで線が引かれている。東京人がイメージする、福岡市?北九州市の距離はこうじゃないか? というわけだ。

右の地図には、横浜~さいたま市間に青く線が引かれている。「実際は、このくらい離れているんだぞ」ということだ。電車を乗り継ぎ、延々1時間以上はかかりそうだ。さいたまの人が横浜の中華街で食事をしようと思ったら、それなりの移動時間は覚悟しなければならない。

ツイッターにはこんな声が寄せられている。

「横浜市民としてはわかりやすいです」
「福岡市と北九州市は遠くて互いに都市圏があります。日本銀行の支店もそれぞれにあります」

日本銀行の支店は、福岡県内は2か所、福岡市と北九州市に置かれている。どちらも異なる経済圏を持つ重要な場所だ。経済圏も違うが、文化圏も違うのだ。

また、こんな声も。

「福岡人で今横浜民の私ですが、まさに!ですね。 横浜~川崎なんて太宰府~天神」
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル