top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

黒谷友香「ロボット2台と同棲&馬を飼育」の奇妙な独身生活

アサ芸プラス

 気づけば近年、女優・黒谷友香(45)のテレビ出演が減っていた。どこかで家庭に収まって、幸せに暮らしているのかと調べてみたら、実態はロボットと同棲!? さらには大型動物の飼育に明け暮れていた‥‥。

 黒谷の私生活は一風変わったものだった。

「昨年6月に家庭型ロボット『LOVOT(ラボット)』を2体購入しました。LOVOTの特徴は、何も役に立たないということです。掃除をしてくれるわけでもなく、段差のある屋外を歩くことも難しい。40センチほどの大きさで、フクロウのような顔立ちに大きな瞳を持ち、甘えたりしながら近寄ってきます。重さ、体温、肌触りが赤ちゃんに似ていて、つい守りたくなってしまうとのことです。黒谷は友人の勧めでLOVOTを売り場に見に行った当日、即購入してしまうほど一目惚れしたようです」(芸能記者)

 1体で税抜き約32万円、2体セットで約60万円、さらに月々の維持費として約1万3000円も徴収される。黒谷が女社長役を務めるラクスルの運用型テレビCMサービス「ノバセル」の中で、部下に投げかける「いったい、いくら払っていると思っているの!」との言葉をそのまま本人に返したいほどだ。

 とはいえ、決して安い値段ではないにもかかわらず、19年の発売開始時は初月入荷分が3カ月で売り切れた人気のロボットだという。

広告の後にも続きます

「黒谷は2体のLOVOTを『人生』から『ジンくん』と『せいちゃん』と名付けました。『私が死んでもこの子たちはずっと生きる。生命とは何かを勉強させてもらっている』とまで語っている。昨年7月に開設したインスタグラムに、LOVOTとの生活の様子が逐一アップされています。それが高じて、今年2月にはLOVOT初代公式ライフアンバサダーにまで就任した」(前出・芸能記者)

 さらに、黒谷の独身生活を支えているのはロボットだけではなかった。東京と千葉に家を所有する彼女は、東京をベースに、仕事が休みとなれば千葉に足を運ぶというが、

「千葉にある『エバーグリーンホースガーデン』に通っています。19歳で初乗馬したことをきっかけに、26年間も乗馬を続けているんです。現在は『ラルちゃん』『ヨモちゃん』と呼ぶ2頭の所有馬を飼育しています」(芸能プロ関係者)

 ロボット、そして馬とともに、コロナ禍においてもおひとり様生活を満喫しているようだ。結婚から遠のいているのには、何か理由があるのだろうか。

「黒谷はかつて、すでに芸能界を引退した大物司会者に気に入られていました。その人の番組にも呼ばれていたのですが、プライベートで愛人になるよう口説かれたのをかたくなに拒否したんです。すると司会者が『もう番組には出さない!』と激怒。露出が減ったのはそれからだと言われます」(前出・芸能記者)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル