top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

戦いに負けたセルビア人兵士たちの頭蓋骨が埋め込まれたスカルタワー(頭蓋骨の塔)

カラパイア

iStock-513160091_e
ashclear/iStock

 バルカン半島の中心部にあるセルビア南部最大の都市、ニシュには、400年に渡って続いたオスマン帝国の支配に抵抗したセルビア人の独立運動のシンボルとなっている塔がある。チェレ・クラと呼ばれるスカルタワー(頭蓋骨の塔)だ。

 この塔は、もともとは、戦いで命を落とした多くのセルビア人レジスタンスたちを称えるためのものではなかった。

 1809年、独立を求めるセルビア人とオスマン帝国の「チェガルの戦い」において、勝利したオスマン帝国側が、独立派に恐怖を植え付けるため、斬首したセルビア人兵士の頭蓋骨を使い952個もの頭蓋骨を埋め込んだものだったのだ。

Skull Tower Nis Serbia

セルビア帝国とオスマン帝国


 セルビア帝国が、オスマン帝国の手に落ちたのは14世紀後半のこと、皇帝ステファン・ウロシュ5世のときだった。

 ウロシュ5世はその優柔不断な言動や無能さのせいで、“弱虫ウロシュ”という恥ずべきあだ名をつけられた。内部紛争で帝国がばらばらになっていた頃、アジアやヨーロッパに勢力を拡大していたオスマン帝国の容赦ない攻撃を受け、セルビア各地はほとんど抵抗することもなく落ちて行った。

 ニシュの町が、最初にオスマン帝国に占領されたのは1375年。1443年になんとか町を奪還したが、1448年には再び陥落した。

 17~18世紀の間にトルコとオーストリア間で何度か支配が変わったが、占領されていた次の400年のほとんどは、オスマン帝国の支配だった。

 この時代、セルビア人たちは計り知れない苦しみに苛まれていたことが、通りすがりの旅人によって記録されている。

 16世紀、シレジア(現在のチェコ東部、ポーランド南西部)の旅人が、ソフィアからニシュへの街道筋で、バラバラにされた遺体が散らばる凄惨なシーンを目撃している。ニシュの町の入り口には、哀れなブルガリア人小作農たちの切断されたばかりの首がさらされていたという。

 初めてセルビア人とオスマン帝国の全面戦争が勃発したのは、1805年のIvankovacの戦いである。このときは、セルビア側が勝ち、オスマントルコ軍をニシュに退却させた。武勇やリーダーシップが証明された革命軍司令官のステヴァン・シニェリッチが、引き続き歩兵旅団の司令官に任命された。

1_e2
ミシャールの戦い。Afanasij Scheloumoff作(1930年代)

チェガルの戦い


 1809年、セルビアの抵抗軍10万が、ニシュの南の村に進軍して、6つの塹壕を掘った。一番最初に作られたチェガルの丘の最大の塹壕にシニェリッチは陣取り、ここから、セルビア側はニシュの要塞に何度か攻撃を仕掛けた。

 だが、そのたびに数で勝るオスマントルコ軍にはね返された。2ヶ月の戦いの間、シニェリッチらの隊はほかのセルビアゲリラ兵たちから分かれて、激しく抵抗した。

 しかし、オスマントルコ軍が塹壕に襲いかかり、包囲されたシニェリッチらは絶体絶命に陥った。圧倒的な敵に対して、シニェリッチは火薬庫めがけて銃を放ち、大爆発を起こした。このチェガルの丘の戦いは、トルコ側6000人以上、セルビア側3000人が命を落とす大激戦となった。

2_e2
火薬庫を吹き飛ばすステヴァン・シニェリッチ

敗北したセルビア兵の頭蓋骨で塔「チェレ・クラ」が建てられる


 戦いの後、オスマントルコの大宰相フルシッド・パシャは、シニェリッチやセルビア人兵士たちの首と皮を剥いだ遺体を、自国スルタンのマフムト2世の元へ送った。

 スルタンはこれを喜び、兵士らの首をニシュに送り返して、さらしものにする塔を建てるよう命令した。セルビア人たちに、二度と抵抗させないよう見せしめにするためだった。

 完成したスカルタワーは、高さ4.5メートル、952個もの頭蓋骨が4面にずらりとさらされた。地元では、チェレ・クラと呼ばれている。

3_e2
1863年当時のスカルタワー

4_e0
1878年のスカルタワー

iStock-1158626561_e
現代のスカルタワー


スカルタワーはセルビア人レジスタンスの象徴に


 1860年代になると、オスマン帝国の勢力は弱まった。ニシュの最後の統治者ミドハト・パシャは、この塔が、オスマン帝国の過去の残虐行為を思い出させ、恨みを煽るものだと気づき、残った頭蓋骨を塔から取り除くよう命令したが、塔そのものを破壊することはあえてしなかった。

 この時すでに塔は、セルビア人レジスタンスの象徴になっていたからだ。現在でも、それは変わっていない。

 月日が経つにつれ、多くの頭蓋骨は壁から落ちてしまっていた。遺族が埋葬のために持ち帰ったり、記念品として盗まれたものも多い。

 現在、塔の頭蓋骨の大半はなくなってしまっているが、50個前後は残っていて、ガラスに覆われ守られている。

10_e0

 塔全体は、小さな礼拝堂の中にすっぽりおさめられ、外観は教会のように見える。シニェリッチの頭蓋骨もこのガラスの中に安置されていると言われている。


Ćele kula – Skull Tower, Niš Serbia
References:Skull Tower / amusingplanet/ written by konohazuku / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル