top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

松本まりか「私、あざとかわいくないんです」にスタッフ困惑

アサ芸プラス

 松本まりか(36)といえば、男心をくすぐる「あざとかわいい」でブレイク。しかし女子を敵に回すキャラに徹する裏には、意外な本心が見え隠れしていた。

「はじめてのチュウ~ きみとチュウ~♪」

 お酒が入ったグラスを持ち、夜景の前で気持ちよさそうに歌う姿と、少し高めの猫なで声が特徴的だ。このサントリースピリッツ「鏡月焼酎ハイ」のCMが賛否両論を呼んでいた。

 3月1日、サントリー公式チャンネルがYouTubeで公開した15秒版のCMは、約1カ月で41万回の再生を突破。ただし、その数字の中には、高評価と低評価が五分五分で入り混じっていたのだ。ネット上でも「見ているだけでイラッとする」「演出上の指示に従っただけで、彼女に責任はない」と意見が分かれた。

 18年に「ホリデイラブ」(テレビ朝日系)で演じたW不倫に身をやつす役で注目されてから「あざとかわいい」が松本の代名詞となっている。先のように好かれもすれば嫌われもするキャラとなるわけだが、ドラマ関係者が証言する。

広告の後にも続きます

「すっかりそのキャラが定着し、そうした演技を要求されることが多くなりました。ところが松本自身は現場で『私、あざとかわいくないんです』と否定するんです。それに対してスタッフたちは『そんなことないですよ』とやんわりとなだめているのですが、イメージ通りだと言われているようで、本人は不本意のようです」

 彼女のデビュー当時を知る、アイドルライターの林憂歌氏が語る。

「2000年にデビューした彼女は、女子中高生に人気のファッション雑誌で専属モデルをしていて、一緒に仕事をする宮崎あおいや栗山千明、ベッキーら、同世代の女友達も多かった。あざとさなんて微塵も感じられなかったですね。コスプレでの撮影もよくやっていて、ドール衣装やバレリーナ、セーラー服、何でも着こなしていましたが、男目線に媚びようという意図はなく自然体だった。チアリーダーのコスプレ撮影時、みずからポーズを決めて、女子高生らしくキャッキャと楽しみながら撮影していたのが印象に残っています」

 デビュー直後は順風満帆な芸能生活だったようだが、徐々に出番は減っていく。それでも、女優業への並々ならぬ思いがあったという。

「高校生時代の松本にインタビューした時、大学へは進学せず、女優業で食べていくという決意を切々と語っていました。頭の回転が速く、受け答えもしっかりしていてクセの強さもなかった。自身のアニメっぽい特徴的な声も自覚していたので、声優業にも挑戦するなど幅広い活動を模索していました。その後は10年以上の長い潜伏期間となりましたが、本人の思いは別として、あざとかわいいというキャラは少なくとも再び脚光を浴びる契機にはなったのでしょう」(前出・林氏)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル