top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日本の資本主義を築いた渋沢栄一と岩崎弥太郎は喧嘩別れしていた!

J-CAST会社ウォッチ

今年(2021年)のNHK大河ドラマ「青天を衝け」の主人公、渋沢栄一については多くの本が出ている。渋沢と同時期に農村で生まれ、裸一貫でのし上がった人物に三菱財閥の創始者、岩崎弥太郎がいる。「公益重視」の渋沢栄一と「独裁主義」の岩崎弥太郎。大激論の末に決別した二人は、日本の海運業の覇権を争い、死闘を繰り広げる。

本書「渋沢栄一と岩崎弥太郎」は、日本の資本主義を築いた両雄の経営哲学を比較した歴史書である。

「渋沢栄一と岩崎弥太郎」(河合敦著)幻冬舎

二人がつくった東京海上保険

二人の生い立ちから幕末における転機、1873(明治6)年、ともに実業界に入ってからの活躍と二人の歩みに沿って叙述している。著者の河合敦さんは1965年生まれ。早稲田大学大学院博士課程単位取得満期退学(日本史)。東京都立高校の教師として教壇に立ちながら、歴史作家・歴史研究家として著作活動を続けた。著書に「岩崎弥太郎と三菱四代」(幻冬舎新書)、「殿様は『明治』をどう生きたか」(扶桑社文庫)など多数ある。

ともに幼少時は読書家で「偉人伝」を熟読した。横浜の外国人を皆殺しにしようとした23歳の「テロリスト」渋沢と、遊郭に通いつめ土佐藩の公金に手をつけた26歳の岩崎など破天荒なエピソードの持ち主でもある。

「第四章 栄一と弥太郎の邂逅と決別」に、二人の関係が詳しく書かれている。栄一の著書によれば、接触を図ってきたのは弥太郎のほうだったという。明治7年(1874)、弥太郎は社名を三菱蒸気汽船会社と改称し、拠点を大阪から東京に移した。日本橋南茅場町の会社から兜町にある栄一の事務所へは歩いて行ける距離だった。

広告の後にも続きます

渋沢は海上保険会社創設への協力を弥太郎に呼びかけた。弥太郎は資本金60万円のうち最高額の11万円を出資した。こうして1879(明治12)年、東京海上保険会社(現・東京海上日動火災保険株式会社)が誕生した。

多くの株主を集めてスタートしたが、三菱の岩崎家がダントツの大株主だったことから、三菱出身者が会長を務め、1933(昭和8)年には三菱合資会社(三菱財閥本社)の傘下に入った。渋沢にとって「きっと不本意だったに違いない」、と書いている。

海上保険という共同事業を立ち上げた二人だが、栄一の回想によると、すぐに確執が生じ、大激論になった。河合さんは1880(明治13)年8月と推理している。

合本主義と独裁主義で大激論に

弥太郎から船遊びに誘われた栄一。酒宴で「今後の実業はどうしていくべきだろうか」と弥太郎に問われ、持論の合本主義を説いた。

合本主義とは、多くの人々から資金を募り、適任者を見つけて事業を委ねる手法だ。会社をワンマン経営したり株式を独占したりせず、経営が軌道に乗ると栄一は身を引いた。こうして生涯500社近くの企業設立に関わった。

対して弥太郎は、三菱の社則に「三菱商会は会社の形態をとるが、実際は岩崎家の事業であり、多数から資本を募って結社するのとは異なる。だから会社のことはすべて社長の裁可をあおげ」と記し、「独裁主義」を公言した。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル