top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

高岡早紀演じる麗美、一方的な愛情を向ける宗像がドイツ留学へ…悲劇の歯車が回りだす!

テレビドガッチ


高岡早紀が主演を務めるオトナの土ドラ『リカ~リバース~』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)の最終話が、4月3日に放送される。

『リカ~リバース~』は、五十嵐貴久の超人気サイコスリラー小説「リカ」シリーズより、リカの少女時代を描いた「リバース」を原作とする初の連続ドラマ。2019年10月期に放送された前作の『リカ』で主人公の雨宮リカを熱演し、話題となった高岡が、今作ではリカの母親である雨宮麗美を演じ、娘たちを狂わせていく。高岡のほかに浅香航大、福田麻由子、山口まゆ、田辺桃子、小田井涼平(純烈)が出演する。

先週放送された第2話では、麗美が家庭教師の宗像忍(浅香)に迫るシーンが話題に。インターネット上では、麗美の怖すぎる行動の数々に「“運命の人”認定された。本格的に終了のお知らせ」「ミートソースを食べたらもう地獄の始まり始まり」「高岡早紀さんって、こういう役をやると天下一品だな」「ハマる」などの声があった。

<最終話あらすじ>
武士(小田井)の死から1年。一家の柱を失った雨宮家は、株や不動産を売ることでなんとか生計を立てている状態で、以前のような贅沢な暮らしは出来なくなっていた。1年ぶりに雨宮家の家政婦に復帰した花村幸子(福田)は、すっかり様変わりしてしまった一家の様子に胸を痛める。しかし、幸子が以前目撃してしまったこの家の“闇”はよりそのどす黒さを増しているように思えた……。

夫を亡くしたばかりの麗美(高岡)だが、家庭教師の宗像(浅香)に一方的な愛情を向けるようになっていた。そして、彼に憧れる梨花(田辺)、結花(山口)の双子の姉妹も宗像に好意を抱いており、恋のライバルである母親に向けるまなざしは憎悪そのものだ。もはや彼女たちの姿は家族ではなく、報われぬ愛を奪い合う哀しき純愛モンスターのようだった。そんな中、宗像がドイツに留学をするため雨宮家の家庭教師を辞めると言い出したことで、悲劇の歯車が一気に回り出す。運命の人だったはず……それなのに……。

3人の純愛モンスターたちが迎える結末は? 運命の最終話、誰も予測できない衝撃の結末! そして、ついに訪れる、「雨宮リカ」誕生の瞬間!!

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル