top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

吉川愛“和子”と板垣李光人“周”のいきなりキスシーンに驚愕&興奮「尊い空間すぎて幸せ」「どうしてこんなにも絵になるの」

テレビドガッチ


吉川愛と板垣李光人がW主演を務めるドラマ『カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)が4月1日に放送。インターネット上では、視聴者の度肝を抜くキスシーンに多くの反応があった(以下、ネタバレ含まれます)。

「FEEL YOUNG」(祥伝社)に連載中の、ためこうによる人気コミックを実写化。仕事熱心だけど、自分自身には手を抜きがちな女性漫画誌の編集者・町田和子(吉川)と、メイクとファッションを自由に楽しむ男性・相馬周(板垣)によるラブストーリー。好評を博した『おじさんはカワイイものがお好き。』(読売テレビ・日本テレビ系)の制作チームが再集結し、フレッシュな恋模様を描く。

和子と周、2人のキスシーン。和子が“かわいい、きれい、とにかく顔がいい。そんな男にこんなふうに愛されてみたーい!”と思い浮かべている。そこに「なに、いきなりキスしてんねん!」とデスクの境正美(おいでやす小田)の声がこだました。これは、和子が担当する漫画の話だった。

同期のファッション誌編集者・三輪玲(中川大輔)の手伝いで、KOUGU維新(きつね・大津広次、淡路幸誠)の撮影スタジオへ。2人のファンである和子は“素敵すぎる。プラスドライバ様メイクバッチリハマっている。平やっとこはかわいい。ヤンチャかわいい。私の心も修理して!”と大興奮する。

彼らとの撮影に参加するため、人気モデルのキラ(桐山漣)が現れた。そこに「まだフィッティング終わってないよ!」とやってきたのはスタイリストの周。彼は、和子の高校時代の後輩。2人は数年ぶりの再会だった。玲から「知り合い?」と問われると、周の方から「知り合いっていうか、僕のずっと好きな人です。やっと会えた!」とハグされた。

仕事が終わると、周が待っていた。食事に誘われ断ろうとするも“この美しいオーラを浴びると……”とつい受けてしまう。古着屋で働く彼は、現在、キラの専属スタイリストと雑用などをしているという。和子は、彼と話していくうちに、どんどん周のかわいさにハマっていく。

「僕が頑張れたのは和子ちゃんのおかげだよ」と周。「『好きです』って言いたかった」「お仕事頑張っている和子ちゃんもかっこいいよ!」とアプローチされるが、和子の胸中は……。

ネット上では、開始数秒でいきなりキスシーンの先制パンチにやられた人も多く「いきなりキスシーンきたのはびっくりしすぎてパニックになったけどもうなんか尊い空間すぎて幸せでした」「美男美女だとどうしてこんなにも絵になるの……」「急にキスシーンから始まるから心臓に悪い」との声があった。

次回は4月8日に放送。キラを主役にした漫画を担当する和子だが、アイデアが思い浮かばない。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル