top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

千原ジュニアが“大赤字”をボヤいても「聖火ランナー」を辞退しないワケ

アサ芸プラス

 お笑いタレント・千原ジュニアが、レギュラー出演している「にけつッ!」(読売テレビ)の3月30日放送回で、「聖火ランナーをやる」と明かしている。

 もともと昨年、延期された東京五輪の聖火ランナーを務める予定だったジュニア。ケンドーコバヤシに「どうするんですか?」と聞かれ、「全然やりますけど」と即答した。

 ジュニアは観光大使に任命されている宮古島で走る予定で、「聖火ってずっと燃え続けてるってことやろ。ずっと続いているってことは、モハメド・アリが持った火ということ。それを持てるっていうのはさ…」とボクシング好きのジュニアらしいやりがいを語った。

 ジュニアによると、トーチは自腹で、7万か8万円。レンタルもあると言われたものの、「もう持つことないんやから、そりゃ買うやん」。旅費についても那覇から宮古島まで2人分だけ出て、あとは自費。「俺、羽田から宮古島に行くんやから、那覇関係ないやん」とぼやき、「宿も自分で探さなあかんねんで」と続けた。

 しかも、宿泊するのは5月2日で、ゴールデンウィークのど真ん中。飛行機はギリギリで席が取れたが、ホテルはまったくなし。宮古島ではない、離島のリゾートホテルをなんとか友だちが取ってくれたといい、「だから大赤字やねん。高いで、ゴールデンウィーク」と 笑いつつ「やっぱりそれでもモハメド・アリの火を持ちたいもんな、俺は」と意気込みを語った。

広告の後にも続きます

 聖火ランナーといえば、芸能人の辞退が相次いでいるが、ジュニアにはぜひ、かつてアリも持った聖火をつないでもらいたい。

(鈴木十朗)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル