top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

2021年入社式「心に響く社長の挨拶」はコレだ! 会社ウォッチ編集部が独断で選んでみた(1)

J-CAST会社ウォッチ

新年度がスタートした2021年4月1日、多くの企業で入社式が行われた。新型コロナウイルスの感染拡大で、オンラインで行われたところが多かった。

そんな非常時だからこそ、多くの社長さんが心の底から新入社員を歓迎し、「一緒にこの危機を乗り越えて行こう!」

とエールを送った。

J‐CASTニュース会社ウォッチ編集部が、「心に響く社長の挨拶」を独断で選んでみた。

「コロナで苦しむ人々のために一緒に戦おう」


TKCの飯塚真規社長(公式サイトより)

コロナ禍で苦しむ人々のために一緒に戦おうと熱い思いを語る社長が多かった。中小企業支援のウェブサイト構築を手掛けるTKC(栃木県宇都宮市)の飯塚真規社長は、158人の新入社員を前に熱弁をふるった。

「みなさんは、何のために仕事をするのでしょうか。お給料を得るため、また、仕事を通して自分を成長させたいという人もいるでしょう。では、お給料や、あなたの成長は何によってもたらされるのでしょうか。すべてお客様からもたらされます。そのお客様たちが今、コロナによって苦境に立たされています。飲食業、宿泊業、観光業だけでなく、さまざまな業種の中小企業は売上高が激減し、従業員さんのお給料を払えない状況に陥っています」

広告の後にも続きます

TKCは、政府、都道府県、市町村や金融機関が行う中小企業支援策を網羅したウェブサイトを構築するのが主な仕事だが、最近はワクチン接種のクーポン印刷と接種の履歴を管理するシステムも開発している。

顧客は苦しんでいる中小企業とそれを助けようと激務をこなしている自治体の職員や金融機関だ。飯塚真規社長は、こうしたお客様を今救わないでどうする!と檄を飛ばした。

「中小企業がどういった融資や補助金を受けることができるのかを会計データから自動判定するシステムも提供しています。ワクチン接種のシステムも迅速に提供しなければなりません。このような状況だからこそ、苦境にあえぐ中小企業と市町村の職員さんの支援を、みなさんと一緒に取り組んでいけることをうれしく思います」

メタウォーターの中村靖社長(公式サイトより)

メタウォーター(東京都千代田区)は浄水場や下水処理場、ごみ処理施設向け設備などの設計など水環境の整備を仕事とする会社だ。やはり多くの企業を顧客としている。中村靖社長は、お客様たちの「ぬれぎぬ」を晴らそうと呼びかけて、ハリウッドのアクション映画を引き合いに出した。

「みなさんは映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015年)に登場する『イモータン・ジョー』を知っていますか。核戦争で荒廃した未来、彼は暴力で水源を支配しています。人々は彼の理不尽に耐えて暮らしています」

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」はトム・ハーディ とシャーリーズ・セロンが主演。強烈なキャラクターたちが大集合する映画だが、なかでも悪の帝王「イモータン・ジョー」が、水も石油も尽きかけた荒廃した砂漠で水を独占、恐怖と暴力で民衆を支配する物語がすさまじい。中村社長は、環境保護政策が厳しくなった現在、多くの企業が「イモータン・ジョー」のような「悪のぬれぎぬ」を着せられているという。

こう語った。

「現在、水・環境インフラの持続という社会課題解決のために公民連携が進むなか、民間企業が『イモータン・ジョー』になるのではないかと心配する声があります。この『ぬれぎぬ』を解消するカギはデジタルです。我々は仕事をデジタル空間に記録する方法を獲得しています。それは透明性を担保することであり、信頼につながります。デジタルが浸透することで社会課題を解決する。これこそがDX (Digital Transformation/デジタルトランスフォーメーション)です。みなさんはZ世代と呼ばれる人たち。デジタルネイティブのみなさんなら、真のDXをさらに進めてくれると信じています」

リンカーンとマンデラの「転んだら起きよ」という言葉


近鉄エクスプレスの鳥居伸年社長(公式サイトより)

物流大手の近鉄エクスプレスの鳥居伸年社長も、コロナで困っている国内外の顧客を救うために、デジタルネイティブ世代の新入社員に期待のエールを送った。

「当社は物流業者であり、海外でも生活維持に欠かせない事業として営業が許可され、ロックダウン時にも外出許可証を行政から付与されています。今、サプライチェーンを維持するためにはDXが欠かせません。みなさんはデジタルネイティブ世代。情報の収集能力は他の世代より優れ、自分なりの価値観をしっかりと確立している方が多いです」
  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル