top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

J1全20クラブGKタイプ別分析(8)横浜FC。六反勇治は何タイプ? 優れたGKコーチが若手を開花させるか

フットボールチャンネル

J1全20クラブGKタイプ別分析(8)横浜FC。六反勇治は何タイプ? 優れたGKコーチが若手を開花させるか

まさに物静かな職人のようなGKコーチ

 3/8発売『フットボール批評issue31』から一昨年、サンフレッチェ広島のGKコーチを務めた澤村公康が、GKを4つのタイプに分類し、J1全20クラブの陣容を一刀両断した「GKスカッド批評」を一部抜粋して公開する。[GKタイプ]オーソドックスタイプ→オ、シュートストップタイプ→シ、現代タイプ→現、万能タイプ→万、★は新加入(構成:吉沢康一)

——————————

GKコーチ:田北雄気
六反勇治(オ)
南雄太(シ)
猿田遥己(万)★
市川暉記
大内一生★

 オーソドックスタイプの六反勇治がメイン、サブにシュートストップタイプの南雄太という構図で考えていいと思います。2人は六反がスマートなタイプ、南が気迫を前面に押し出し相手を威嚇するタイプと対照的です。

 横浜FCはスタートが5人体制で、これから経験を積んでいけば面白そうなGKが加入しました。柏からG大阪を経由して加わった万能タイプの猿田遥己、アカデミー出身で昨年はJ3のYS横浜でプレーした大内一生。さらにビッグサイズの市川暉記とバラエティに富んでいます。

広告の後にも続きます

 田北雄気GKコーチは六反、南に「何でも見抜かれている」と言わしめるほどの人心掌握に優れている方で、まさに物静かな職人のようなGKコーチです。ベテラン選手のコントロールはお手のもので、菅野(札幌)も高丘(横浜FM)も田北GKコーチの指導で世に出てきただけに、若手GKをどう開花させていくのか非常に楽しみです。

(構成:吉沢康一)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル