top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

なぜ音楽は楽しいのか?その快感はアルコールや薬物と同じ脳領域で生じていることが判明

カラパイア

音楽で得られる快感は、アルコールや薬物と同じ脳の報酬経路を刺激していた
photo by iStock

 音楽に助けられた経験のある人も多いだろう。寂しい時、辛い時、音楽に元気づけられたり、仲間と感動を分かち合いたい時、音楽はさらにその気分を盛り上げてくれる。

 太古の昔から人類と共にある音楽だが、『Journal of Neuroscience』(3月29日付)に掲載された研究によると、音楽が楽しいのと感じるのは、脳の聴覚野と報酬系路とにつながりがあるからなのだそうだ。

 その研究では、fMRIで音楽を聴いてるときの脳の活動を観察し、報酬系と呼ばれる脳内ドーパミン神経系回路が音楽を処理するプロセスは、おいしい食事、ギャンブル、アルコール、薬物、お金に対する快感を感じるものの処理と似ていることを明らかにしている。

報酬系の活性化で音楽の快感がアップ


 過去の研究では、音楽によって感じられる快感は、「皮質-線条体」の働きが関与していることが確かめられてきた。ここは生物学的には報酬やモチベーションと関係している領域だ。

 だが、そうした研究は快感と皮質-線条体の”相関関係”を調べたものに過ぎなかった。そこでカナダ、マギル大学の研究グループは、”因果関係”を調べてみることにした。

 実験は、ポピュラー音楽好きにポップスを聴いてもらい、その間の脳の働きをfMRIで観察するというもの。

 ただし観察前に、磁力で報酬系(脳内ドーパミン神経系回路)を間接的に刺激(経頭蓋磁気刺激法)して、興奮させるか、抑制するかしていた。

 すると報酬系を興奮させていた場合、音楽を聴いた参加者の快感やモチベーションがアップしたが、抑制した場合は、反対に快感ややる気がダウンしたという。

1_e
credit: Mas-Herrero et al., JNeurosci 2021

音楽の快感は快感中枢「側座核」が関係


 この結果は、音楽による快感やモチベーションが、前頭葉-線条体の働きに応じて変化していることを示している。

 特に関係しているのは、「側座核」という快感中枢の変化であるという。ここは報酬や快感、あるいは嗜癖といった感覚において重要な領域で、食事や性行為などから感じられる快感とも関係している。

 また側座核と前頭皮質・聴覚皮質の結合の変化から、快感の変化の大きさを予測することにも成功。こうした結果は、聴覚野と報酬系のコミュニケーションが、音楽の快感を作り出していることを示唆しているそうだ。

References:
・Neuroscientists Uncover Why the Brain Enjoys Music
・Why the Brain Enjoys Music – Neuroscience News
/ written by hiroching / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル