top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ゴールデンタイムなら炎上!?フジテレビ「若手D育成特番」で“外見イジリ連発”

アサ芸プラス

 3月29日深夜にフジテレビで放送された特番「567↑8」。江頭2:50がスタジオ出演した同番組のテーマは「若手ディレクター育成」。6人のディレクターが“エッジの効いたVTR”を作成し、江頭が率直な評価を語る構成だ。リアルタイムで番組を見たエンタメ誌ライターが解説する。

「各企画に『~って古くない?』という提言が設けられ、新時代のバラエティ番組のあり方を模索する意欲的な内容でした」

 最初の企画は「テレビの『ウソ』を探し続けるのって古くない?」と提言する「嘘席食堂」。かまいたちのMCにより「ぼる塾・田辺の打ち合わせは実は結構細かい」といった“ウソVTR”を披露した。

 この企画について前出のエンタメ誌ライターは、「斬新なコンセプトで終始飽きずに見ることができた。ラストのメイキング映像もおもしろかったです」と話す。が、もっともそれ以外の企画は「ゴールデンタイムなら炎上モノの企画が相次ぎヒヤヒヤしっぱなしでしたね」と振り返る。

 続く企画は3時のヒロインが出演したVTR。

広告の後にも続きます

「いわゆる『フェイク記者会見』の企画。外国人記者たちが、ゆめっちとかなでの個性的な体型を尊重する一方で福田麻貴の鼻の大きさをイジるという典型的な『外見イジリ』。さすがに新時代に通用する企画とは思えませんでした」(前出・エンタメ誌ライター)

 極めつきは、Snow Manの深澤辰哉と向井康二が出演した「なるほど…ザ・イケメン」なる企画だ。

「タウン誌などで『イケメン』として紹介されている一般人の外見の『中途半端ぶり』を紹介する内容。深澤と向井も『中途半端イケメン扱い』されていてSNS上ではファンから『さすがにひどい』との指摘が相次いでいました」(前出・エンタメ誌ライター)

 はたして新時代のバラエティとは─。

(山倉卓)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル