top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

2021年にパ・リーグの主催試合放送がアメリカでもLIVEで視聴可能に!

週刊ベースボールONLINE


昨年、FTFで放送した様子

 アメリカのスポーツ専門チャンネルFor the Fans「FTF」(所在地:米国マサチューセッツ州、運営:Lax United Marketing社)とパシフィックリーグマーケティング株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:根岸友喜)は、アメリカ国内における2021年パ・リーグ主催試合のLIVE放送などの内容が盛り込まれた契約を締結し、3月26日(金)の開幕戦から全試合をアメリカでLIVE放送中だ。昨季途中から始まったアメリカでの動画放送を今年は開幕から行っている。

 パシフィックリーグマーケティング株式会社は、FTFと契約した主な理由を、今以上にプロ野球の新しいファンを増やし、アメリカの野球ファンに、日本のプロ野球をよりよく知ってもらう機会にしたいという。また、アメリカでプレーしている選手にもパ・リーグについてもっと知ってもらい、FTFが新たに契約したRokuユーザー(アクテイブユーザー数5,300万人)を通じてより興味を持ってもらうという狙いもあるようだ。

●主な契約概要
・契約期間:2021年3月26日(金)から
・放送試合数:パ・リーグ主催の公式戦(375試合)、日本生命セ・パ交流戦のパ・リーグ主催試合(54試合)、クライマックスシリーズ・パを放送予定
・放送地域:アメリカ合衆国
・放送チャンネル:FTF (Roku含むデジタルプラットフォーム)、Next level Sports/NXT ※Direc TV含むケーブルサービス
・チャンネルURL:Roku、XUMO他
・備考:放送はLIVEのほか、再放送でも放送予定

 FTF最高戦略&イノベーション責任者フランク・ゴールディングは、今回の契約について以下のようにコメントした。

「FTFでは国内外の素晴らしいスポーツの数々を、熱心なファンの皆様に提供しています。再び日本プロ野球、パシフィック・リーグの試合を、今年はシーズンを通してFTF全チャンネルで放映できることになり大変嬉しく思います。アメリカのスポーツファンに各チームや選手、ファンの応援スタイルなどを知ってもらいながら、パ・リーグの魅力を存分に楽しんでいただきたいと思っています」

 パシフィックリーグマーケティング株式会社執行役員事業開発本部長兼経営企画部の長園部健二はアメリカのファン層拡大に期待を寄せている。

「アメリカのファンの皆さまより、2021年シーズンの放送を期待する声を多数いただき、今回の実現に至りました。今年のFTFのデジタルチャンネルは、視聴可能世帯数が1.15億
世帯と大幅に拡大し、パ・リーグの試合を観ていただける方々はより一層増えていくことと思います」

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル