top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ドイツ代表を20年ぶりに沈めた北マケドニア代表の大ベテラン。10年前にはバイエルン戦で決勝点

フットボールチャンネル

ドイツ代表を20年ぶりに沈めた北マケドニア代表の大ベテラン。10年前にはバイエルン戦で決勝点

 UEFAの公式SNSが、2011年のインテル対バイエルン・ミュンヘンで生まれたゴールを紹介している。

 2010/11シーズンのチャンピオンズリーグ・ラウンド16でインテルはバイエルン・ミュンヘンと対戦。前年のファイナルで下した相手との再戦となった。この試合の終盤に決勝弾を決めたのがゴラン・パンデフだ。

 ペナルティエリア内でロングボールを拾ったサミュエル・エトーは、長友佑都も駆け上がる中、鋭いドリブルで中に侵入。相手を引きつけて横に出すと、パンデフがうまくコースに決めた。

 このゴールから10年経った今年、37歳になったパンデフは、今も北マケドニア代表としてプレーしている。3月31日にはドイツ代表と対戦して先制点を記録。ドイツ代表にワールドカップ予選20年ぶりの黒星をつける原動力となった。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル