top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

山本譲二&松居直美の異色ユニットに綾小路 翔(氣志團)楽曲提供、令和のデュエットソングヒット目指す

全日本歌謡情報センター

「3年目の浮気」「愛が生まれた日」「ロンリーチャップリン」これまで数多くのデュエットソングがある中、令和の時代にデュエットソングでヒット曲を生み出したい。そんな思いで、畑は違えど長年、第一線で活躍してきた演歌界から山本譲二、そして各方面でマルチに活躍する松居直美がタッグを組んだ。

面識はあったものの、共演の数は多くなかったこの2人が2020年に久々のステージ共演をきっかけに、即・デュエット曲発売の企画が立ち上がった。山本譲二と松居直美、この組み合わせだけでもすでに異色といえば異色。しかしデュエットに加えて、ヒットを目指すにはさらなる化学反応が必要な中、作家としてPOPS・歌謡曲にも精通しており、今の時代に発信力抜群の綾小路 翔(氣志團)に白羽の矢が立った。何の脈絡もなくオファーしたところ、二つ返事での快諾だったが、楽曲依頼を受けた時の綾小路 翔の第一声は「ホントに俺で間違いないですか・・・?」だった。(以下、綾小路 翔コメントより)

デュエット曲には様々な世界観・テーマがあるが、今作は、酸いも甘いも味わってきたこの2人にしか出せない大人の恋のうた。だが、出来上がったその歌詞には、2人が経験したことのない、サウンドがついていた。『曲をもらってすぐに家で聞いたんですよ。最初、わけがわからなかったです。もらう曲、間違えているんじゃないの?』と山本譲二。そこで一緒に聞いていた実の娘から「お父さん!これ歌ってよ!歌えたら超かっこいいよ。71歳のお父さんがこんな曲にチャレンジするのってとってもいいことだよ」、その言葉で山本譲二に火がついた。

一方、松居直美も久しぶりの新曲リリースな上、未経験の曲のリズムに戸惑っていた。『翔さんの音楽性の高さに触れさせてもらえることがうれしいんですが、なかなか思う様には歌えなくて、、、』松居も山本と同じく、子供からの声に背中を押されたという。その期待に応えるべく、孤軍奮闘開始。YouTubeで自らボイトレの先生を探し、レッスンするという気合いの入りよう。『何度も、リズムが遅れてます!って怒られながら練習しました』と語る。

そして完成したのが4月21日に発売する、シングル『事実は小説よりも奇なり』。このタイトル、“現実に起こる出来事は、作られた小説よりも、かえって不思議で面白い”、ということわざが示す通り、男と女の“奇なる”恋愛事情を、軽快かつドラマティックな曲に仕上がっている。山本譲二、松居直美、そして綾小路 翔の化学変化はいかなるものか。

広告の後にも続きます

『はやく皆さんの前で披露したい!』と息巻く2人。今だおさまりきらないコロナ禍の為、この“掛け合い”を直接、披露する場はまだ先にはなるが、4/21(水)のCDの発売より一足はやく、4/18(日)には山本譲二と松居直美のふたりで、初のネットサイン会を生配信で行う(視聴無料)。



  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル