top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

迫力ある演技が観る人の心を打つ。舞台俳優として活躍するために必要なこと

ホンシェルジュ

誤解を恐れずに言うと、舞台俳優になることはさほど難しいことではありません。必要な資格もないですし、ノルマを達成することで出演料が支払われるような小劇団などは、形式だけの審査で入団できることもあります。ただし、舞台俳優として生計を立てるためには実力をつけて規模の大きな劇団に入るか、舞台オーディションを受けて役を掴むかしなければなりません。本記事では、舞台俳優の仕事内容から、収入事情、食べていける舞台俳優になるための方法を解説します。舞台俳優になる一歩を踏み出したいと考えている方は、関連書籍も紹介していますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

舞台俳優として活躍するためのはじめの一歩

舞台俳優で食べていくには戦略と実力の両方が必要です。本章では俳優として舞台やドラマ、映画で活躍するための入り口についてガイドします。

もちろんここで紹介するやり方以外にも、舞台俳優として大成できるメソッドはたくさんあります。方法が異なるだけでいずれにしても戦略と実力は重要なファクター。どの道を辿るにしても惰性でやっていけるほどあまい世界ではありません。

舞台俳優になる方法!就職するには

舞台俳優になるのはそう簡単ではありません。この章では一般的な2つの方法をご紹介します。

劇団や芸能事務所に所属する

影響力や力関係というのは、どの業界にもあります。芸能の世界ももちろん例外ではありません。そのため大きな劇団や芸能事務所に入ることは、成功を勝ち取るための有効な手段です。多方面に影響力のある劇団や事務所であれば、それだけ大きな仕事のチャンスも得られる可能性も高まります。

ただし、入団・入所には厳しいテストやオーディションがあり、大手であるほど新人の数も多いため、内部での競争も激しいということは知っておいたほうがいいでしょう。

オーディションを受ける

広告の後にも続きます

俳優の養成所やスクールで演技スキルを身につけながら、オーディションを受けていくのもひとつの方法です。養成所によっては大手の劇団や芸能事務所とのつながりがあり、演技の練習や発声練習、ダンス練習など、役者に必要な技能を磨きながら、チャンスを広げていくことができます。

ただ、養成所やスクールに通うにはレッスン費用などがかかります。経済的な面も考え、養成所やスクールを選ぶ必要があるでしょう。ちなみに相場は、入所金が10〜50万円 ほど、レッスン費が年間20~40万円数ほどとされています。

舞台俳優の仕事内容

舞台俳優の仕事は役を演じることですが、舞台に立つにまでには日々の特訓は欠かせませんし、周囲のスタッフとの良好な関係も築く必要があります。本章では、舞台俳優の仕事内容についてご紹介していきます。

稽古をおこなう

舞台俳優は舞台の上で役を演じている時間より、稽古に費やす時間のほうが圧倒的に長いのが特徴です。稽古にあてる時間は劇団によって異なりますが、1カ月前くらいから舞台に向けてスタートします。

稽古では、監督や演出家の指示に従いながら台本のセリフや動きを表現していき、時間をかけて仕上げていきます。出演者が集まっておこなう訓練のほか、個人の演技や発声トレーニングなども稽古の一環です。

舞台制作やチケット手売りをおこなうことも

小さな劇団であれば舞台セットの制作をおこなったり、チケットを手売りしたりといった演技以外の仕事もあります。演技だけに集中したい場合は、集客力のある大手の劇団に所属するのがよいでしょう。

舞台俳優の年収

  • 1
  • 2

TOPICS