top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

サンド富澤、がん診断前に伊達が訴えていた「体の異変」を明かす

ニュースサイトしらべぇ

サンドウィッチマンの富澤たけしが、31日に自身のブログを更新。膀胱がんのステージ1と診断された相方・伊達みきおが無事退院したことを受けて、改めて、早期に病院を受診することの重要性を呼びかけた。


■退院した伊達は「通常運転です!」

膀胱がんのステージ1と診断され、手術を受けたことを先月公表した伊達。

富澤は、31日夜更新のブログ記事にて、カメラに向かって微笑む伊達の写真を添えて「膀胱がんステージ1で手術から無事退院したこの男は通常運転です!」と、改めて相方の無事復帰を報告した。


関連記事:サンド・富澤たけしがピンで出たがらない理由は… 「伊達の突っ込みありき」

■ラジオで語っていた体の異変

続けて、「ちょっと前のラジオで『尿が勢いよく出ない、痛くないのに血尿が出た』と話してました」と伊達が体の異変を口にしていたと明かし、「すぐに病院に行って良かったです」と振り返る。

広告の後にも続きます

そして「血尿出たけど痛くないし治ったからほっといた、といって病院に来ない人も多いそうなので、そんな症状のある方はすぐ病院へ!」と、ファンに向けて呼びかけた。

■無事復帰にファン安堵

富澤からの報告に、ファンからは「伊達さん退院おめでとうございます、良かった!」「番組中に伊達さんのパネルの隣に座る富澤さんを見て、どんな気持ちだろうかと、案じていましたが、本当に良かったです」と改めて安堵したというコメントが多数書き込まれている。

また、「富澤さんも体調気を付けて下さいね」「富澤さんも、余計なお世話ですがお体に気をつけてください」と、伊達と同じく多忙な生活を送る富澤の体調を気遣うコメントも目立つ。


■約6割が「病院が嫌い」

改めて、早めに病院を受診することの重要性を訴えた富澤。なお、しらべぇ編集部が全国の10代~60代の男女1,732名を対象に実施した意識調査では、全体で55.0%もの人が「病院は嫌いだ」と回答していた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル