top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

東京の街はスリバチだらけ 地図で凹凸を楽しむ

BOOKウォッチ

増補改訂 凹凸を楽しむ 東京「スリバチ」地形散歩(宝島社)<amazonで購入>

 コロナ禍で散歩や街歩きもままならない日々が続く。せいぜい変化に富んだ東京の地形を本を通して楽しもうと手に取ったのが、本書『増補改訂 凹凸を楽しむ 東京「スリバチ」地形散歩』(宝島社)だ。東京は凹凸だらけ。暗渠、坂、湧水……「スリバチ」を知れば、見慣れた町が新しく見えてくる。

 著者の皆川典久さんは、1963年生まれ。東京スリバチ学会会長。2003年にランドスケープ・アーキテクトの石川初さんと同学会を設立。谷地形に着目したフィールドワークを東京都内で続けている。地形の専門家として「ブラタモリ」などに出演。著書に『東京スリバチの達人 分水嶺東京北部編』『同東京南部編』(昭文社)などがある。

 第1部は「スリバチ」とはなにか、を論じた概論。第2部では六本木や渋谷など具体的なエリアごとに、地形を語っている。

 東京は北を荒川、南を多摩川にはさまれた武蔵野台地の表面上を、西から東へ流れる7筋の河川が谷を刻み、東西に7つの丘が連なるユニークな地形になっている。

 川は北から順に、谷田川(藍染川)、谷端川(小石川)、神田川、渋谷川、目黒川、立会川、呑川だ。分断された丘は北から順に、上野台、本郷台、豊島台、淀橋台、目黒台、荏原台、久が原台となっている。

広告の後にも続きます

 火山灰が降り積もった関東ローム層は浸食され、斜面は断崖状、谷はスリバチ状になっているのが特徴だ。「谷戸(やと)」「谷津(やつ)」と呼ばれ、関東各地に地名として残っている。

 東京の地名にも、渋谷、四谷を代表に、千駄ヶ谷、市ヶ谷、茗荷谷、谷中などが山手線内に、外側には富ヶ谷、幡ヶ谷、碑文谷、祖師谷、阿佐ヶ谷などが散らばっている。

 皆川さんは、そうした地形と町並みには法則性があり、「スリバチの第一法則」「スリバチの第二法則」と呼んでいる。

 第一法則は、「建物は地形の起伏を増幅するように建つ」ということだ。高台には高い建物が、スリバチの底には低層高密度な町並みが広がっていることが多い。

 第二法則は、丘と窪地が断崖で隔てられている地形的な特色が、そのまま町の不連続性を作るということだそうだ。台地から下町への変化は連続的ではなく不連続的に突然変わる。

 そして、スリバチ地形が作るユニークな都市風景を「公園系スリバチ」「下町系スリバチ」「再開発系スリバチ」に3分類している。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル