top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

未解決ミステリー:近づいた者が次々と倒れる「猛毒女」と呼ばれた女性の真実とは?

カラパイア

猛毒女と呼ばれた女性、グロリア・ラミレス
photo by iStock

 ある女性の死は、この数十年の間でもっとも謎に包まれた衝撃的な事件のひとつかもしれない。

 1994年、当時31歳の女性、グロリア・ラミレスが、アメリカ、カリフォルニア州リバーサイドの病院に運び込まれた。数時間のうちに、彼女に接触した医療関係者たちが筋肉の痙攣やひきつけ、発作や失神をおこして次々と倒れ、入院を余儀なくされるほどの重症者も出た。

 メディアはラミレスを”猛毒女”と名づけて報道した。この事件はいまだに原因がはっきりしておらず、諸説ささやかれて議論が続いている。

ラミレスに接した病院スタッフが次々と体に異変


 1994年2月19日夕方、末期の子宮頸ガンを患っていたグロリア・ラミレスが、心停止をおこしてリバーサイド総合病院に緊急搬送されてきた。

 事態が急変したのは、看護師が通常の血液検査をしようとしたときだった。血液を採取し始めると、強いアンモニア臭が部屋中に充満し始めたという。

 医師たちは、採取したラミレスの血液に白い結晶のようなものが現われていて、異様な状態であることに気がついた。

 すると、すぐに数人のスタッフが次々と具合が悪いと言い出した。その症状は失神、ひきつけ、呼吸困難、嘔吐などだった。

 結果6人が入院するはめになり、ひとりの医師は急性の循環器系障害を起こした。救急救命室のスタッフ37名中23名が、少なくともなんらかの症状を発症したという。

 その夜の20時半ごろ、病院は救急救命室からスタッフを避難させることに決め、倒れた者たちを外の駐車場に運んで治療した。

 一方で、危険物を扱うための防護服を身に着けた作業員が救急救命室の空気を調査した。

 ラミレス自身は、その夜のうちに亡くなった。検死の結果、死因は子宮頚ガンによる腎不全だったという。


Mysterious Body Fumes cause ER illness

ラミレスの体にいったい何が?


 だが、医療スタッフたちが体験した不可解な症状については説明がつかないままだった。当初、瀕死のラミレスの体から拡散した有害ガスにやられたようだと報道された。

 症状の多くが、農薬や化学兵器に使われる化学物質、有機リン酸エステルによる中毒と似ていたからだ。

 だがラミレスの遺族はべつの意見だった。有毒ガスのせいだという話は病院による隠蔽だと主張したのだ。

 ラミレスの死にまつわる異様な状況のせいか、医療スタッフが犯したミスを病院側が患者のせいにしようとしていると思い込んだのだ。

 また、集団が脅威に直面したときに似たような心理的、身体的症状を発症する集団ヒステリーの異様なケースだという説もあった。

 ラミレスの遺体は解剖され調査されたが、有機リン酸エステルやその他の疑わしい薬剤の痕跡は見つからず、この大騒ぎの原因はやはりはっきりしなかった。


The Bizarre Toxic Death Of Gloria Ramirez

ありえなさそうな仮説が1つでたのみで、原因は不明のまま


 1997年、ある科学者グループがこの事件を見直し、可能性はないことはないが、とてもありえないような説を打ち出した。

 核兵器開発でその名を知られた、ローレンス・リバーモア国立研究所の研究者たちが、この不思議な状況を長く複雑な連鎖反応の結果と説明した。

 ラミレスは、ガンの痛みを緩和するために、自家製のジメチルスルホキシドを使用していたのではないかという推測だ。これが、病院に運ばれたとき医師が施した人工呼吸器の酸素と反応して、ジメチルスルホンを形成したというのだ。

 この化学物質は室温によって結晶化することが知られている。これが、採取した血液中に結晶が認められた理由だ。その後、除細動器の電気ショックによって、ジメチルスルホンが再び化学変化を起
こし、有毒な腐食性ガスである硫酸ジメチルが発生したという説だ。

 ありえないような複雑な仮説だが、そのほかの説はほとんど出てきていない。

 事件から27年が経過したが、この事件は未解決のままだ。果たしてこの謎が解き明かされる日はくるのだろうか?謎が謎のまま闇に葬られていくのだろうか?

References:Death of Gloria Ramirez / The Death Of “The Toxic Lady” Remains An Unsolved Medical Case / written by konohazuku / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル