top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

特別展「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」 全68面の壮大な大作 一堂に公開! 清澄で叙情性を湛えた「青」の風景

cinefil

近代日本画を代表する巨匠・東山魁夷が生涯で最も長い年月をかけて制作に取り組んだ大作、唐招提寺の御影堂障壁画を一堂に展示する特別展「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」が、神戸市立博物館において、2021年4月24日(土)~ 6月6日(日)まで開催されます。
                             
緑の樹々に覆われた山裾の湖畔を描いた《緑響く》や、桜や紅葉、雪景色など日本の四季折々の風景を描いた連作「京洛四季」など、清澄で抒情性を湛えた東山魁夷の作品は、今なお、人々の心を魅了し続けています。
東山は、山や海を、印象的な深い緑がかった青色で表現し、「青の画家」とも称されています。  自然と真摯に向き合い、思索を重ねながら描き出した静かで幻想的なその芸術世界は、日本人の自然観や心情までも映し出しているようです。

本展では、東山が完成までに10年を費やした唐招提寺御影堂の内部をほぼ再現する形で、障壁画全68面が公開され、その壮大なスケールは圧巻で、まるで御影堂に居るかのような臨場感が感じられます。
また、日本や中国の各地を旅して描いたスケッチや下図なども展示し、構想から完成に至るまでの足跡も紹介されています。

奈良・唐招提寺の御影堂が一般に公開されるのは、毎年6月6日の開山忌を含む3日間のみとなっています。また、御影堂は現在、修理事業を行っているため、本展はとても貴重な機会となっています。
是非、この機会に、東山魁夷が鑑真和上に捧げた「祈りの美」をご鑑賞ください。
それでは、シネフィルでも本展の構成に従って、みどころと、いくつかの作品を紹介致します。

《唐招提寺御影堂障壁画 濤声》 (部分) 1975(昭和50)年 唐招提寺蔵

第1章 御影堂障壁画

奈良・唐招提寺の御影堂は、1964(昭和39)年に開祖である鑑真和上の千二百年忌事業として、国宝《鑑真和上坐像》を安置するために興福寺旧一乗院宸殿を移築して建立されました。1970(昭和45)年に、《鑑真和上坐像》を納める厨子の扉絵と五室にわたる大障壁画の制作を唐招提寺から依頼された東山魁夷は、7カ月ほどの熟考の末に依頼を受諾し、生涯のすべてをかける気持ちでこの仕事に臨み、10年以上の歳月を費やして完成させました。

広告の後にも続きます

《唐招提寺御影堂障壁画 山雲》 (部分) 1975(昭和50)年 唐招提寺蔵

困難を乗り越えて来日した鑑真和上の魂に風景を捧げることを決意した東山は、5つのテーマで構成される大障壁画を二期に分けて制作しました。
第一期は、五度の渡航の失敗で盲目となった和上が実際に見ることのなかった日本の風景を題材とし、雲煙立ち込める山景《山雲》と大きく波の打ち寄せる海景《濤声》を描き、1975年に完成しました。ともに青を主調とした彩色画で、「青の画家」東山の清澄な世界観を感じられます。
第二期は北側の桜の間、松の間、梅の間の3間にそれぞれ《黄山暁雲》 《揚州薫風》 《桂林月宵》を描いて1980年に奉納しました。
そして、松の間に据えられた鑑真和上像を納める厨子の扉絵を1981年に納め、約11年をかけて全体を完成させています。
*本展では厨子扉絵の本画は展示されませんが、試作の展示があります。

《唐招提寺御影堂障壁画 山雲》 (部分) 1975(昭和50)年 唐招提寺蔵

第2章 御影堂障壁画への道程

東山魁夷がこの障壁画制作のために描いたスケッチは100点以上を数えます。本章ではこれらの中から、第一期制作の山海の風景16点、第二期制作の水墨による中国風景20点を選び紹介します。
さらに、第一期制作の《山雲》《濤声》については、小下図、中下図、割出図、試作などを通じて、その制作過程をたどります。多数のスケッチをもとに小下図で構図をまとめ、次の中下図では弱い絵にならないよう、絵の要素となる形を輪郭でとらえています。さらに下図を引き延ばして再現する際の補助とする割出図をもとに原寸大の大下図を作り、本制作に移りますが、大下図と同時に5分の1の試作も描きました。これは本制作と同じ材料で描くことによって、手順や表現方法を確認することを目的としていました。こうした周到な準備を経て障壁画が完成されたことからも、これらのスケッチや下図を通じて、障壁画に込めた画家の思いや意図を感じることができるでしょう。
*第2章で展示するスケッチや下図などは、半期で展示替えがあります

《唐招提寺御影堂障壁画 桂林月宵》(部分) 1980(昭和55)年 唐招提寺蔵

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル