top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日本名輪会・山口健治の「江戸“鷹の目”診断」/勝率と連対率から松浦より平原に◎

アサ芸プラス

【「四日市記念」ヤマケンが注目する「決勝戦進出」有力候補12人】

◎平原康多/○松浦悠士/▲浅井康太/△守澤太志/和田健太郎/諸橋愛/柴咲淳/深谷知広/原田研太朗/小松崎大地/渡邉雄太/皿屋豊

                 ※

 穴党ファンを喜ばせるのは、若手選手の果敢な逃走劇が決まった時である。

 ナイターで行われる「四日市記念」(4月3日【土】~6日【火】)は細切れ戦もありそうなシリーズ。人気を背負った選手が1着でも2、3着は筋違いという、波乱決着も押さえておきたい。

広告の後にも続きます

 オールマイティーのツートップ、平原康多と松浦悠士が本命、対抗。平原を上位に取ったのは、勝率と2連対率で松浦を上回り、諸橋愛との関東ラインが松浦─原田研太朗よりも強力だからだ。ただし、松浦の仕掛けしだいで逆転もある。

 ここをそれぞれ3度制している浅井康太─柴崎淳を皿屋豊が先導する地元トリオでは、浅井の番手まくりを警戒。あとは小松崎大地が勝ち上がれば、守澤太志の台頭も軽視はできない。

 ナショナルチームでの活動を優先する深谷知広は、今年の2場所、豊橋記念【3】【2】【2】【9】と川崎全日本選抜【3】【9】【1】【9】で決勝戦に進出している。南関ラインで和田健太郎がガードするのは心強く、スピードはいまだ一級品。印は回らなかったが、あっと言わせるシーンがあってもおかしくない。

 一昨年の優勝が10年ぶりの地元記念だった柴崎が調子を上げてきた。2月小倉で完全優勝し、全日本選抜は準決勝進出。さらに大垣記念を【8】【1】【2】【7】と好走したのはここを目標にしてきたからで、2、3着はある。

 伏兵の1人目は、来期7月に1班に返り咲く鈴木庸之(新潟・92期)。立川記念【1】【1】【3】【9】、大宮記念【1】【1】【2】【3】のあと、取手【1】【1】【1】と相変わらず乗れている。準決勝をクリアするようなら、関東ラインの先頭を走るのではないか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル