top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

何も知らずに帰宅した男の子 すると家にいたのは? 「感動した」「泣いた」

grape [グレイプ]

犬や猫などのペットは予期せぬ理由でいなくなってしまうことがあります。

アメリカ・フロリダ州に住む10歳のタイラーくんの愛犬であるブルーザーも、散歩中にウサギを追いかけて行ったまま帰って来ませんでした。

タイラーくんの家族はブルーザーを見つけるためにあらゆる手を尽くします。何度も動物保護施設に連絡し、近所にチラシを配ったり、Facebookで情報提供を呼びかけたりしました。

しかし、ブルーザーの居場所が分かる手がかりは何も見つからなかったのです。

そして2か月が過ぎ、家族はブルーザーと再び会えることを諦め始めていました。

2か月ぶりに愛犬と再会した少年

広告の後にも続きます

2021年3月、ハイランズ郡保安官事務所に「犬が保護された」という電話が入ります。

その犬は見知らぬ人に拾われ、約2か月後に動物保護施設に連れてこられたのだそう。

動物保護施設のスタッフはその犬に見覚えがありました。そしてFacebookの過去の投稿をさかのぼった結果、ブルーザーだということが分かったのです。

こうしてブルーザーは無事に家に帰ることができました。

そこでタイラーくんの両親はブルーザーが家に戻ったことを内緒にして、彼を驚かせることにします。

何も知らずに帰宅したタイラーくんとブルーザーの再会の瞬間がこちらです。

  • 1
  • 2

TOPICS