top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

1人の女性の働き方が変わったら会社が変わった! 職場の「GOOD ACTIONアワード」の受賞者に聞く

J-CAST会社ウォッチ

人材派遣・紹介業のワークスアイディ株式会社が、リクルートキャリアが運営する転職情報サイト「リクナビNEXT」主催の「第7回 GOOD ACTIONアワード」で、「審査員賞」を受賞した。

「GOOD ACTIONアワード」は、働き方の多様性が進むなか、一人ひとりがイキイキと働くため、働くあなたが主人公となって始まった取り組みが職場に広がり、やがて職場や会社全体が変化していく、そういったアクションを応援するプロジェクト。ワークスアイディは、女性社員の妊娠・出産をきっかけとした働き方改革への取り組みが評価された。

いったい、どんな取り組みなのか――。審査員でもあるリクルートキャリアの藤井薫(ふじい・かおる)リクナビNEXT編集長に評価のポイントともに、受賞したワークスアイディのHRS事業本部 HRSマーケティング室 室長の朝比奈一紗(あさひな・かずさ)さんに話を聞いた。

キーワードはカジュアルでオープンでフラット!

「第7回 GOOD ACTION アワード」の表彰式は2021年3月3日、オンラインで行われた。最終審査を経て、

●ワークスタイルバリエーション賞 株式会社ライトカフェ
●ワークスタイルイノベーション賞 大東自動車・三重県南部自動車学校
●トレンド賞 株式会社マクアケ
●審査員賞 株式会社ライトカフェ(ダブル受賞)、ワークスアイディ株式会社、大橋運輸株式会社、株式会社カクイチ
●Cheer up賞 福井大学医学部付属病院、宮城県漁業協同組合 七ヶ浜支所

の8つの取り組みが受賞した。

広告の後にも続きます

リクナビNEXT編集長の藤井薫さんは、評価について「コロナ禍でも、どのようにエンゲージメントを高めているか。コミュニケーションを高めているか。どうやって人と人との関わり合いを再定義、再設計しているか、といった点に注目しました」と明かす。

たとえば、無意識に過重労働をお願いしてしまった病院は、ユニフォームでシグナルを送る仕組みを考えた。それが、新しいコミュニケーションのあり方に繋がっているというわけだ。

「困っていることを見える化すると、わかっている人が教えられる。初めての人でもできるようになる。できる人が増えると組織も変わってくる。まずは、「見える化」することが大切です」

「見える化 → わかる → できる → 変わる」の法則があるという。

そして、働き方が「変わる会社」の特徴を、こう説明する。

「社長や上司発ではなく、現場発がこれからのトレンドになるのではばいでしょうか。また、遊び感覚で多くの人を巻き込みながらのコミュニティづくり、現場(若手)から自発的に発信するように組織(環境)が変わっていくように思います。そういった会社は、上司が気が付かないような組織(横やナナメの組織)が多くできていて、人間のカラダが末端末端で動いているように組織が動く。カラダと組織は似ているかもしれません」

共通のキーワードは、カジュアルでオープンでフラットだ。年齢や勤務年数、もちろん男女の別などに囚われず、若手でも、誰でも意見が言える職場だ。

とはいえ、そんな理想の職場があるのか――。今は理想とは言えなくても、理想に向けて動き出している会社は少なくない。その1社が、ワークスアイディだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル