top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大学卒業式「心に響く学長の挨拶」はコレだ! 会社ウォッチ編集部が独断で選んだ珠玉の言葉(3)

J-CAST会社ウォッチ

2021年3月、多くの大学で卒業式が行われて、卒業生たちが巣立っていった。それぞれの大学の学長・総長たちが、社会の荒波に飛び込んでいった教え子たちに激励のエールを贈った。

ビートたけしさんの言葉、中島みゆきさんの歌、渋沢栄一や赤毛のアンのエピソード……。そして、女性差別への憤りや、コロナ禍だからこそ、どう社会と向き合っていくか、教え子たちを思う熱情にあふれていた。

J‐CASTニュース会社ウォッチ編集部が、独断で選んでみた。

北海道大総長「少女と少年よ、大志を抱け」

ジェンダーの問題がクローズアップされる今、「男女平等の社会」を訴える人が多かった。


北海道大学の宝金清博総長(公式サイトより)

北海道大学では、前身の札幌農学校を開校した米国人農学者ウィリアム・スミス・クラークの「Boys,be ambitious」(少年よ、大志を抱け)が有名だが、北海道大学の宝金清博(ほうきん・きよひろ)総長が卒業式で語った言葉は、ちょっと違っていた。

「私たち北海道大学のメンバーにとってのsoul slogan(魂のスローガン)は、クラーク先生の残した『Girls and boys,be ambitious』という勇気を与える言葉だと思います。その精神は、時代によって、その解釈を変えることができる素晴らしい言葉です。私自身はこの言葉を、北海道から世界へ、私たちの教育、研究、そして人材を広げていくことだと解釈しています」
「これを『光は北から、北から世界へ』という言葉でお伝えしています。『光』はみなさんのような若い人材、そして研究成果です。『北』は北海道大学よりもっと広く、寒冷で厳しい気候・風土を意味しています。このコロナ禍も含めて、まさに、厳しい環境だからこそ、次の社会を先導するイノベーションの光を、北海道大学の卒業生である皆さんが放つことを期待しています」

広告の後にも続きます

男女平等が求められている現在、「Girls and boys」と少女を先にしたことが、とても気持ちがよい。

法政大総長「女性が自由に生き抜ける社会を」

男女平等といえば、法政大学の田中優子総長は、炎のように激しく「女性差別」の理不尽さを卒業生に訴えた。


法政大学の田中優子総長(公式サイトより)
「1970年、私は法政大に入学しました。総長としてここからメッセージをみなさんにお届けすることになるとは想像もしませんでした。当時、女性が大規模総合大学の学長になることなどあり得なかったからです。しかし今は、東洋大や同志社大など、次々と女性学長が誕生しています。米国のカマラ・ハリス副大統領は就任前、『私は女性として初めての副大統領になるだろうが、最後にはならない』と言いました。さまざまな場所で、さらに多くの女性のリーダーが生まれることでしょう」

しかし、コロナ禍によって男女格差はむしろ広がっている。非正規雇用の女性の仕事がどんどん失われているのだ。田中さんは大学院入学後、研究テーマに人気のなかった「江戸文化」を選んだ時、

「正規の仕事にはつけないかもしれないが、どんな生活をすることになっても、この道を手放したくない。松尾芭蕉の『無能無芸にしてただこの一筋につながる』という『一筋』しかありませんでした」

と決意したのだった。

そんな田中さんにショックな事件が起こった。

「昨年11月に起こった事件で、この決断を思い出しました。渋谷区のバス停で座ったまま眠っていた60代の路上生活の女性が、石を入れた袋で殴られ、亡くなったのです。女性は非正規で働いており、新型コロナウイルスのために職を失っていました。そうした女性たちは路上で眠ることに危険を感じ、電灯のついている場所で座ったまま眠るのだ、と聞きました。この事件は大学生のころ『どんな生活になってもかまわない』と考えていた私にとって、人ごとではありませんでした。なぜひとつの人生の選択が、このような終わりを迎えねばならないのでしょうか? どのような選択をしても、人間としての尊厳をもって生きていかれる社会が必要です」

そして、田中さんは卒業生に、こう語った。

「では『実践知』とは何でしょう。今自分が置かれている現実に足をしっかりつけ、理想とする方向に向かって歩み続ける知性のことです。まさに『どんな人も自由を生き抜ける社会』をめざし、その方法を探索する知性なのです。自分が迷った時にはどうするか。複数の選択肢を前にしたとき、多くの情報や、身近な人たちの期待、時には圧力さえ感じます。その渦のなかで自由を生き抜くには、そこから逃げないことです。まず一つひとつに耳を傾け、理解し、言葉に置き換えて明確にする必要があります。それこそが、自分の行く道を探索する実践知のプロセスです。そのうえで、自分にとってもっとも大切だと思える選択は何か、自分自身で決断するのです。その決断が、どんな人も自由を生き抜ける社会を作ることにつながる道であることを、私は心から望んでいます」

東北大総長「百年前の女子学生が切り拓いた世界」

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル