top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

今、NHKのドラマがアツい! 「社会と人の心の闇」を描いた『今ここにある危機とぼくの好感度について』と『きれいのくに』に注目

Pouch[ポーチ]

今、NHKのドラマがアツい! 「社会と人の心の闇」を描いた『今ここにある危機とぼくの好感度について』と『きれいのくに』に注目

今年2021年の春ドラマは注目作ぞろい。その中で異彩を放っているのは、NHK総合で放送される『今ここにある危機とぼくの好感度について』と『きれいのくに』です。

2つの作品に共通するテーマは「闇」。

「ねつ造・改ざん」「ワーキングプア」「容姿へのコンプレックス」といった「社会&人の心の闇」を描いているらしく、NHKだからこそできる “攻めたドラマ” になっている模様……!

【今ここにある危機とぼくの好感度について(4月24日夜9時〜)】

<不祥事だらけの大学を舞台に現代社会の矛盾を描く>

松坂桃李さん演じる真は、元イケメンアナウンサーというキャリアを買われて名門「帝都大学」の広報として中途採用されます。

しかし大学は問題だらけ! 有名教授の研究不正疑惑、学内シンポジウムへの「テロ」予告など、不祥事が次々と起こります。しかし、大学は優柔不断な総長、隠蔽体質の理事たち、正義感の強い新聞部の学生たちなどクセ者だらけ。

広告の後にも続きます

批判を受けないよう、真は無理やりつじつまを合わせて乗り切ろうとしますが、ドツボにハマっていき……。

不正を告発した非正規の研究者・みのり(鈴木杏さん)と出会ったことで「なんか、おかしくね?」と気がつきます。

<テーマも脚本も胸アツ>

同作で描かれるのは、「財政難」「ねつ造・改ざん」「ワーキングプア」「言論の自由の危機」といった、現代人が直面している問題。

また同作は、映画『ジョゼと虎と魚たち』やドラマ『カーネーション』の渡辺あやさんによるオリジナル脚本です。

松坂さん×渡辺さんのタッグに、期待せずにはいられません……!

【きれいのくに(4月12日夜10時45分〜)】

<容姿をテーマにしたダークファンタジー>

物語の主人公のひとりは、40代の美容師、恵理(吉田羊)。結婚生活に不満はないものの、セックスレスと容姿の衰えが気になっています。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル