top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

なんと侯孝賢とも共通点の「狩野派」の美学、溝口健二にも連なる「やまと絵」の伝統「土佐派」〜根津美術館・企画展「狩野派と土佐派ー幕府・宮廷の絵師たち」

cinefil

※写真は主催者の特別な許可を得て撮影。展覧会場の写真撮影はできません
撮影:藤原敏史

江戸時代の絵画が昨今、注目されている。伊藤若冲の人気は急上昇でテレビドラマも作られたほどだし、尾形光琳ら「琳派」の洗練された抽象性とデザイン性の、近代美術・現代美術を先取りしたとも言える先進的な感覚は、世界的にも一貫して評価が高い。なお根津美術館は光琳の傑作中の傑作「燕子花図屏風」(国宝)を所蔵していることでも有名で、毎年庭園の燕子花(カキツバタ)の季節に併せて、今年は次回の開館80周年記念特別展「国宝・燕子花図屏風 色彩の誘惑」(4月17日〜5月16日)で展示される。

そんな江戸絵画の独創性を論じるときにしばしば比較対象にされ、いささか割りを食っているようにも思えるのが、日本絵画の正統中の正統、王道のなかの王道の「狩野派」と、平安時代以来の美意識を継承して来た「やまと絵」の伝統を引き継ぎ、安土桃山時代から江戸時代にかけて新たな展開を見せた「土佐派」だ。だからこそ「やっぱり一度は、ちゃんと見なければならない」と思わされるし、実際に見ていると、ステレオタイプ通りに「古典的で決まりごと通りで没個性」などというわけではまったくない。

それはそうだろう。古典・正統が王道となるまでには、その時代時代のクリエティヴの歴史があって当然なのだ。

江戸時代初期の「御用絵師」集団狩野派の展開・右から
狩野探幽 「芙蓉図」 江月宗玩 賛 江戸時代17世紀 小林中氏寄贈 根津美術館蔵
狩野尚信 「文殊・荷鷺・蘆雁図」江戸時代17世紀 根津美術館蔵
狩野安信「牡丹猫・萩兎図」江戸時代17世紀 個人蔵

広告の後にも続きます

土佐派から派生した住吉派の祖・住吉具慶の 「源氏物語図屏風」江戸時代17世紀 根津美術館蔵

信長・秀吉、そして徳川幕府の政治を「美」で支えた狩野派

狩野派といえば江戸時代には幕府御用絵師であり、土佐派は京都の宮廷に愛された。だが逆に、そういう政治権力や権威の箔付け、いわば「権力側」の絵画であることが、江戸時代中期に琳派や若冲、それに円山応挙ら円山・四条派が町人の支持で新しい美を開拓したことと比較されがちで、現代の文化的な受容の文脈では分が悪く見えてしまう。桃山時代に信長・秀吉に寵愛されて狩野派の覇権を確立した天才・狩野永徳の活躍に遡っても、安土城、聚楽第、桃山城、大坂城を豪壮な障壁画で飾った永徳よりも、そのチャレンジャーとして能登から京都に乗り込んだ長谷川等伯の方に共感し易いのが、現代人の価値観だろう。

だが逆に言えば、狩野派、例えば若干16歳で徳川将軍家の御用絵師となり73歳で亡くなるまで活躍し、狩野派の王道たる不動の地位を確立した天才・狩野探幽は、その才能と作品の美的価値よりも歴史的な文脈から見えてしまう物語性のせいで、現代ではいわば「割りを食って」しまっているのではないか?

探幽の、日本人の「余韻」を愛する美的感覚を絵画化した「余白の美」はその実、現代の日本人の生活美学にも通じる現代性を持つ。その美意識をこんな理由で見逃してしまうのは、どうなのだろう?

狩野探幽 「芙蓉図」 江月宗玩 賛 江戸時代17世紀 小林中氏寄贈 根津美術館蔵
江戸時代初期に徳川家の御用絵師として活躍した狩野探幽は、いかにも日本的な「余韻」の美学である「余白の美」を確立した

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル