top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

P&Gはここまで丁寧に社員を育てている!

J-CAST会社ウォッチ

コロナ禍のリモートワークで、「部下の働きぶりがよく見えない」と思っている管理職の方はいないだろうか。本書「上司力強化マニュアル」を読むと、上司は部下にDemand(要求)するとともにCare(気遣い、フォロー)することで、人材育成していくことを痛感する。

本書はP&G(プロクター・アンド・ギャンブル)社のノウハウを凝縮したものだが、外資系企業の、じつに緻密な指導法に驚かされる。「売り上げを伸ばせ」と要求ばかりしている管理職に猛省を促す本だ。

「上司力強化マニュアル」(高田誠著)リーダーズノート出版

至れり尽くせりでまずは部下を軌道に乗せる

著者の高田誠さんは、1987年にP&G入社。製品開発部でアリエール、ジョイなど日本市場向け商品のほか、海外向け商品の商品企画開発を担当。2010年広報部長職で退社。2013年に株式会社オーセンティックスを設立。さまざまなコンサルティングをしている。著書に「P&G式 伝える技術 徹底する力」(朝日新書)などがある。

なぜ、あなたの部下は「できません」と叫ぶのか? という問題意識に基づき、新入社員から段階を追い、6つのステップの56のアクションで部下を育成するノウハウを示している。

正直、ここまで手取り足取りしないといけないのか、と思う人もいるだろう。とりあえず、最初の「スターター・ステージ」を見てみよう。

広告の後にも続きます

「まずは部下を軌道に乗せる」とある。新人の小林さんと初めて部下を持った主任の鈴木さんのやり取りという形で進む。

「小林さんはまだよくわからないと思うんで、いろいろやってね。そのうちわかってくるから、特にまだ担当とか決めてないんで」と指示した鈴木さんに、小林さんは「私には担当がないんですか?」と、内心叫んでいる。

上司のアクションその1として、最初から役割を決めてあげる、とある。担当、業務の目的、主な業務、ポイントなどを書き出してあげるのだ。

さらに1週間のスケジュールを立ててあげる、最初はセットアップした仕事を与える、部署の人物と役割を紙に書いて渡す、職場の用語集を作ってあげる、「期日」と「期待するアウトプット」を明確にしてあげる…… と、まさに至れり尽くせりだ。

そのうち鈴木さんは、小林さんがどうも受け身で、「自分で力をつけようと思っているのでしょうか?」と不満を持つ。高田さんは「自分の成長は自分の責任!」と突き放すことも大切だ、と書いている。

だんだんレベルが上がる

レベル2の「テクニカル・トレーナー・ステージ」は、部下に基本の力をつけさせるのが目的だ。部署で必要な専門力をリスト化して渡す、「どんな話も3つにまとめる」を徹底させる、工程表を作らせるなどを挙げている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル