top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

フランスで胃腸炎は「ガストロ」【フランス】

ワウネタ海外生活


フランスのフェルネー・ヴォルテール(Ferney-Voltaire)に居住してまもなくの冬場に、フランス人の同居人が胃腸炎になりました。

日本でも急性胃腸炎やノロウイルスなども流行っていたのですが、フランスでなっている人を見たのが初めてだったので、焦りました。

考えられる原因は、数日前に食べた冷凍のシーフードを使ったパスタ。
冷凍だから大丈夫だろうと、1回使用した数日後にもう一回使用したのがいけなかったみたいです(笑)
私も一緒に食べたのですが、運よく私は発症しませんでした。

友人は、仕事中も気持ちが悪かったそうで、職場ではお腹を何度も下していて、帰宅後すぐに嘔吐、それから夜中もずっとトイレとお友達状態で辛そうでした。


フランスでは、胃腸炎のことを「ガストロ(Gastro-entérite)」と呼ぶことが多いそうです。
名前だけ聞くと普通に美味しそうに聞こえるのに、本当はウイルス性の胃腸炎という厄介な意味でした。

次回は、ガストロで初めての近所の薬局に行ったお話をしたいと思います。

TOPICS

ランキング(おでかけ)

ジャンル