top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

毎日同じ時間にサンドウィッチ屋に餌をもらいに来る野良犬。地域住民が協力しあってお世話(アメリカ)

カラパイア

サンドウィッチ屋と犬
犬が通うサンドウィッチ屋 image credit:@kxnuko/TikTok

 地域ぐるみで野良猫や野良犬のお世話をする地域住民たちがいる。アメリカのニューメキシコ州でも、ある野良犬に対して地域ぐるみのケアが行われているようだ。

 1匹のメスの野良犬は、ここ1年ほど毎日同じサンドウィッチチェーン店にやって来ては、ドアの前で餌を貰うまで辛抱強く待っているという。

 その様子がひとりの店員男性によって動画に収められ、TikTokに投稿されるとたちまち拡散した。

毎日店のドアの前で待つ野良犬


 TikTokユーザーKxnukoさんは、自身が勤務するサンドウィッチチェーン店SUBWAY(サブウェイ)に1年間毎日通い続ける1匹のメス犬の姿を投稿した。


Subway Sally

 Kxnukoさんは、その犬を「サブウェイ・サリー」と名付け、夕方やって来るサリーに無料でスペシャルミールを提供している。

 サリーは、今やすっかり餌を貰うことに慣れ、ドアの前までやってくると、じっと座って店の中を見つめ、Kxnukoさんが食べ物をくれるのを待っているという。差し出された食べ物を怖がることなく受け取り、懸命に貪るサリー。

 Kxnukoさんいわく、彼が店で働き始めた頃サリーは4匹の子供を産んだそうだ。野良犬のサリーが、毎日どこを寝床にしているのかKxnukoさんは知らない。

 しかし、同じ時間にやってくるサリーには、きっと馴染んだ居場所がどこかにあり、きっと子犬もそこにいるのではないかとKxnukoさんは推測している。

サリーは地域住民たちにケアされていた


 TikTokの動画が拡散すると、中には「野良犬にしては毛並みが綺麗すぎるから、きっと飼い主がいて、こっそりおやつを貰いに外に出ているのでは」という声もあがった。

 確かに、飼い犬の知らない間にマクドナルドに出向き、客に食べ物をねだっていた犬も存在する。が、サリーは野良犬で、地域住民たちがお世話し合っているとKxnukoさんは言う。

サリーの毛並みがいいのは、近所の花屋の経営者女性が時々サリーを洗ってあげているからなんだ。

 実は、過去にはサリーを保護しようとする人たちもいた。しかし、どれだけ試みても、サリーはそれを拒否するかのように嫌がり、再びKxnukoさんの働く店にやって来るのだという。

 事実、地元のシェルター(動物保護施設)は、保護した動物を安楽死させる確率が高い「high kill rate」の施設で、Kxnukoさんは施設へ連れて行ったサリーに安楽死のリスクが高まることを望んでいない。

 自宅では猫を5匹飼っているため、サリーを引き取ってやれないというKxnukoさん。だからこそ、同僚や地元住民らと協力し合ってサリーの世話を続けているのだそうだ。

この地域には、他にも助けを必要としている野良猫や野良犬はいますが、サリーが必要とする限り、僕たちは世話をし続けていきます。だって、サリーは地域メンバーの一員だから。


Video of New Mexico dog ‘Subway Sally’ goes viral

アメリカでは80%の犬猫が健康な状態で安楽死に


 野良犬や野良猫が地域ぐるみでケアされ世話されることは、保護されることよりも時に犬猫たちにとって幸せなのだ。

 動物愛護協会の統計によると、毎年600~800万匹の犬猫がアメリカ国内のあらゆるシェルターへと持ちこまれるという。

 シェルターで安楽死させられる平均300万匹の犬猫のうち、約240万匹(80%)は、健康かつ病気を抱えていても治療可能な犬猫たちばかりだそうだ。

 サリーの場合も、地域住民らのやさしさに包まれて、野良犬でいることの方が幸せに感じているのかもしれない。

 ちなみにKxnukoさんいわく、餌をやる時間がごくたまに遅れてしまった時には、ちゃっかり犬サリーは通りを隔てたTaco Bellに出向いて、もれなく餌をもらっているということだ。

written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル