top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ビームス+フロウプラトウが仕掛けた-次の東京を代表する人、物、カルチャーを創りだすプロジェクト“BE AT TOKYO”のリアルな発信拠点が原宿にオープン!

cinefil

4 月 23 日(金)、ラフォーレ原宿、6F ラフォーレミュージアム原宿にて「BE AT STUDIO HARAJUKU(ビー アット スタジオ ハラジュク)」がオープンいたします。
株式会社ビーアットが運営するプロジェクト「BE AT TOKYO (ビー アット トーキョー)」初となるコミュニティスペースです。

2020年に始動した「BE AT TOKYO(ビー アット トーキョー)」は、ビームスの「目利き力」「カルチャーの創造」、 フロウプラトウの「実装力」「リアルとオンラインを横断したクリエイティブ」といった、両社がもつオリジナリティの高いノウハウを相互に活用し、これからの世界に相応しい「全ての表現者が創造することによって生きていける社会」の実現を目指していくプロジェクトとしてスタート。

昨年11月に公開したBEATTOKYOオフィシャルサイト(%%https://be-at-tokyo.com/%%{blue})では毎週、様々なジャンルで今の東京のカルチャーを創造している人を紹介するBEAT CASTというコンテンツを配信しています。この度オープンするBE AT STUDIO HARAJUKUではオンラインでの展開をオンサイトへと広げていくことで、リアルに才能が混ざりあう場所、表現の発表の場所を作り、表現者をサポートしていくことを目的としています。

ラフォーレ原宿が掲げる「更なる原宿ファッションのプラッフォーム化」という活動方針とBE AT TOKYOの目指す社会を実現するための「次の時代を担う才能の種を見つけ、世の中に広げ、文化を育てていく『仕組み』をつくる」というビジョン。
2者のコラボレーションによって誕生するこの発信拠点から、表現者を主役としたBE AT TOKYO
の独自のコンテンツを発信していくことで、新たな文化を共に生み出していきます。

-BE AT TOKYOとは-

広告の後にも続きます

東京からまだ見ぬカルチャーを生み出すためのCultural Apartments、それがBE AT TOKYO。
情報を発信するメディアであり、才能が集まるスタジオであり、実験を繰り返すラボであり、届けるためのショップでもある。決められた型はなく、集まった人がブランドを形づくる。オンラインとリアルな場でつながりながら発生する化学反応が、次の東京を代表する人を、物を、カルチャーを創り出す。

-BE AT STUDIO HARAJUKU とは-

BE AT TOKYOのウェブサイトと連動した、
「LIVE」「GALLERY」「EVENT」「WORK」「SHOP」
といったコンテンツを展開していくことで、表現者が集まり、混ざり合い、創造するリアルな場所です。新しい何かに出会うためのコミュニティスペース(=スタジオ)として、まだ見ぬアイディアがこの場所を起点に生まれていきます。
ここで創造される次の東京を代表する人を、物を、カルチャーを、生活者はプロジェクトを通して体感し、企業はビジネスを通して社会に実装、還元します。表現者にとってのステージであり、生活者や企業にとっては、新たな価値体験が得られる発見の場となります。
BE AT TOKYOは、BE AT STUDIO HARAJUKUでの活動を通して
「次の時代を担う才能の種を見つけ、世の中に広げ、文化を育てていく『仕組み』をつくる。」
というビジョンを形にしていきます。

■LIVE
「Cultural Apartments produced by BE AT TOKYO」の公開収録をはじめ、ライブ配信、ライブコマース等、BE AT TOKYOに集まる表現者が生み出すオリジナルコンテンツを発信します。

<Cultural Apartments produced by BE AT TOKYO>
BE AT TOKYOのミッションやビジョンを発信するラジオプログラム「Cultural Apartments produced by BEAT TOKYO」。 多種多様な表現者たちが集まり、混ざり合うことで生まれる新たな文化的価値を、その背景にある歴史や人、場 所、想い、などのストーリーを織り交ぜながら発信していく、表現者の未来を考えるラジオプログラムです。
・放送プログラム:2021年4月から毎週月~金曜日 18:40-18:55
・放送局:InterFM897
※ラジオクラウド、Radiko、Podcastでも視聴可
・第1回ゲストはフロウプラトウ千葉秀憲氏

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル