top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

子犬「ボク、家の中に入ってもいいんですか?」初めて人のぬくもりに触れた野良子犬の幸せを守りたい

マランダー




 ブルガリアでストリートアニマルたちに温かい手を差し伸べているPawMeawというチャンネルに、またしてもハートウォーミングなお話が紹介されていたよ。



 今回は道端で出会った小さな子犬が、おうちまでついて来てしまったんだ。どうやら誰かに捨てられて、野良犬になってしまった子犬らしいんだけど、なかなか家の中に入ろうとはしなかったんだそうだ。


Abandoned Puppy Followed Us Home And We Let Him In

 食料品店の隣で、1匹の子犬と出会った撮影者のストーヤンさんとデシーさん。とっても人懐っこくって可愛くて、しばらく一緒に遊んだ後、2人はこの子にソーセージを与えてその場を立ち去ろうとした。

 だが子犬は何を思ったのか、撮影者さんたちの後をずっとついて来るじゃないか。


 けれどいざ家について中に招き入れようとしたところ、子犬はどうしてもドアから中に入って来ようとしなかった。これまでにいったいどれだけのドアが、この子犬の前で閉ざされてきたのだろうか。



 ようやく意を決したかのように、家の中に入った子犬。ご飯を食べて、長い野良犬生活で汚れた身体を洗ってもらってスッキリしたよ。



 暖かいヒーターの前で、思わずうっとりと夢見心地なこの表情。安心しきったかのように、この後すぐに安らかな眠りへと落ちて行ったんだ。



 ブルガリアでは、まだまだストリートアニマルたちを保護する施設も整っておらず、動物たちへの人々の関心も今一つなんだそう。

 2人は現在、この子犬を家族として迎えてくれる、暖かい家庭を探しているとのこと。こんな可愛い子犬だもの、きっとステキなおうちが見つかるはず。早く良いニュースが届くことを祈ってるよ。

written by ruichan

TOPICS

ランキング(どうぶつ)

ジャンル