top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「飲食店いじめはもうやめろ!」リバウンド懸念も首都4都県「時短要請」延長に怒りの声(2)

J-CAST会社ウォッチ

新型コロナウイルスの感染再拡大(リバウンド)が止まらない首都4都県の知事は2021年3月24日、飲食店などの営業時間の短縮(時短)要請を4月21日まで続けることを決めた。

しかし、それ以上の新しい対策は示さなかった。

ネット上では、

「飲食店いじめだ」
「いつまでこんな税金の無駄遣いをダラダラ続ける気か」
「飲食店の会食より、変異ウイルス対策が先だろう」

という怒りと疑問の声が起こっている。

「いつまでこんなオカルトを続けるのか」

「コロナが夜行性ならわかるが、いつまでこんなオカルトをやっているのだろうか。4月21日までという根拠もない。この日を境にコロナの猛威がなくなるというのかな。精神論はもういいから科学的な根拠を示してほしい」
「オカルトというよりも、ガス抜きだろうね。世の中には『どれだけ効果があるかわからなくても、おまじないのレベルでも構わないから、とにかく何か対策をやってもらわないと、不安で、不安で仕方がない!』という人が、悲しいことに大勢存在する。空間除菌とか健康食品がコロナ対策になると信じている人も少なくない」
「感染者数で一喜一憂しているが、この1年の傾向を考えると、時短の効果よりも、寒暖の影響を感じる。春夏にかけて感染者が減って、秋冬にかけて感染者が増える。冬の間も、暖かい日が続くと感染者数が減り、急に冷え込むと感染者数が増える、みたいな」
「飲食店の時短にどこまで効果があるのか、本当に検証したのだろうか。個人的には営業時間が短い分、密になる確率が高いと思うが」
「緊急事態宣言中の夜8時までなら、仕事帰りに飲むのをあきらめた人も、夜9時までとなれば飲みに行ける。ただ仕事が終わって7時から9時までに飲み終わらなければならない。短時間勝負となって集中するから、その時間帯は大混雑するだろうな」
「時間帯ではなく、人口密度が問題なのです。換気システム付きで人が少なければ感染リスクは少ない。だから、むしろ営業時間を延長し、面積当たりの人口密度を下げるような規制をすればいいのに、と思います」

「協力に従わない民間医療機関はどうする?」

「飲食店いじめはもうやめよ」という声が非常に多かった。

「飲食店をターゲットにまだ続けるのか。パチンコ店の時も感じたけど、どこかに責任を押し付けるのが東京都と政府は大好きですね。要請に従わない飲食店に過料を科し、名前を公表しようとするのに、協力に従わない民間医療機関は公表しないって、いったいどういうこと。ずっと医療崩壊を叫びながら、ほとんど問題が解消していないじゃないですか」
「地方住みです。首都圏にお住まいの方々のご苦労、お察しします。コロナと関わって1年、もう国民はコロナとの付き合い方を理解していると思います。都や政府はいまだに飲食店を警戒していますが、現在の私の地域での主な感染源は介護施設などです。飲食店クラスターは聞かなくなりました。1年前と比べ、飲食店のアルコール常備と仕切り対策、換気対策がしっかりなされているし、何よりも一番重要なのは自分自身の免疫力の向上と感染対策かと思います」

広告の後にも続きます

最後にこんな声を紹介したい。

「複数人での入店可とする。ただし会話はNG。席をラーメンの『一蘭』みたいにする(編集部注:ラーメンの味に集中してもらうため、複数で来客した人にも両側が厚い板で仕切られたカウンターで1人ずつ食べる)。そして、会話はLINEやメッセンジャーなどで文字だけでしてもらう……。そこまでして飲みに行きたいか~って感じですが(笑)」

(福田和郎)

TOPICS

ジャンル