top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

コロナ禍の中での転職理由、緊急事態宣言の前後でこんなに変わった!

J-CAST会社ウォッチ

新型コロナウイルスの感染拡大が、転職の動機づけにも変化を及ぼしていることがわかった。

転職サービス「doda(デューダ)」を運営するパーソルキャリア株式会社が、2020年4月の緊急事態宣言の前と後に分け、それぞれ時期の転職経験者を対象に転職理由を調査したところ、宣言の解除後では個人の将来を見据えた目標を掲げるケースが多くなった。2021年3月22日の発表。

緊急事態宣言前は「社内の雰囲気が悪い」が1位

調査によると、緊急事態宣言前の転職理由は、1位の「社内の雰囲気が悪い」(12.5%)に加え、4位タイの「人間関係が悪い/うまくいかない」(5.9%)、9位「尊敬できる人がいない」(3.8%)といった、人間関係にまつわるものがトップ10に並んだ=下表参照。

4位タイの「ハラスメントがあった(セクハラ・パワハラ・マタハラなど)」(5.9%)や、7位タイの「個人の成果で評価されない」(4.5%)や「雇用形態を変えたい」(4.5%)などを合わせて、職場の働く環境に関する理由が大半といえる。


一方、宣言の解除後となると、1位「給与が低い・昇給が見込めない」(9.7%)、2位「スキルアップしたい」(8.0%)や、7位の「他にやりたい仕事がある」(5.2%)などが、宣言前より順位を上げた。個人的な目標を掲げるなど、将来を見据える傾向にシフトしている。

広告の後にも続きます

パーソルキャリアは、

「背景にはコロナ禍で会社が業績不振に陥り、給与が下がった、あるいは『このままこの会社にいてよいのか』といった不安が生じたことが考えられる」

と分析している。

リモート拡大で人間関係の悩み減少

コロナ禍の出口が見えないなか、将来を見据えた働き方を追求する機運が強まり、7位「他にやりたい仕事がある」(5.2%)、9位タイの「働く場所を変えたい(勤務先が遠すぎる・近すぎる/U・Iターンしたい)」(4.2%)や「不規則な勤務をやめたい/土日祝休にしたい」(4.2%)という転職理由も、宣言前より高まった。

3位タイに「業界・会社の先行きが不安」(7.3%)や「倒産/リストラ/契約期間の満了(会社都合での雇用終了)」(7.3%)が並んだことも、コロナ禍の影響を反映したものとみられる。

宣言前に1位だった「社内の雰囲気が悪い」は、トップ10圏外(12位、3.1%)に低下。4位だった「人間関係が悪い/うまくいかない」(5.9%)は6位に、9位だった「尊敬できる人がいない」は20位(1.4%)になるなど、人間関係や働く環境にまつわる理由は、辞めるポイントではなくなったよう。「人間関係に関する理由の順位が下がった要因の一つは、リモートワークの拡大や、会議や飲み会が削減され、対面で生じる人間関係の悩みが減少したことが考えられる」とパーソルキャリアはみている。

なお調査は2020年の緊急事態宣言が発令された4~5月から、1~3月を「宣言前」、4~8月を「宣言後」と定義。20年8月に、1~8月に転職した正社員男女を対象に、転職理由を一つ選択してもらう形式で調べた。有効回答数は578人。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル