top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「一家に共感を覚えつつ、戒めの気持ちを同時に感じさせてくれた」minan(lyrical school)の映画『ミナリ』レビュー

ガジェット通信

『ムーンライト』や『レディ・バード』など作家性の強い作品で今やオスカーの常連となったA24と、『それでも夜が明ける』でエンターテイメントの定義を変えたブラッド・ピットのPLAN Bがタッグを組んだ『ミナリ』が現在公開中です。

『ミナリ』
1980年代、農業で成功することを夢見てアメリカ南部のアーカンソー州に移住してきた韓国人一家を描く『ミナリ』。父親は農業で成功したいと夢見てアーカンソー州の大地に広大な土地を買うが、現実は厳しく、一家には様々な困難と予想もしない事件が降りかかる。

先日発表された、第93回アカデミー賞のノミネート発表ではスティーヴン・ユァンが主演男優賞にノミネートされ、アジア系としては初の快挙を達成。作品賞、監督賞(リー・アイザック・チョン) 、脚本賞(リー・アイザック・チョン) 、助演女優賞(ユン・ヨジョン) 、作曲賞(エミール・モッセリ)と6部門で受賞が期待されています。

今回は5人組ガールズラップグループ「lyrical school」のminanさんに本作をご覧になった感想を伺いました。韓国映画やドラマがお好きで、主演のスティーヴン・ユァンのファンでもあるminanさん。映画について家族についての言葉をじっくりお読みください。

Q:映画をご覧になった率直な感想を教えてください。

広告の後にも続きます

これこそが日常であり、生活であり、人生であるということを、どこまでも誠実に描いているこの映画が私はとても好きです。
映る木々や水、土や草の瑞々しさに、いつのまにか、どこか自分を省みていました。
何もかもなくなってしまったかのように感じても、また、雑魚寝から始める。無に思えること、その繰り返しが人生なのかもしれません。山しか描かれていない坊主のカス札も、10枚集めたら1点になるように。

Q:印象に残ったシーン、セリフなどはありますか?その理由も教えてください。

◯トレーラーハウスで、父ジェイコブと母モニカが大喧嘩をした翌朝のシーン。
家族3人がテーブルで朝食を食べる横で、ジェイコブは飲み物を一口飲み、帽子をかぶって微笑みながら「出かけてくる」と言い、姉のアンが「はい」と返事をします。その後母モニカが「ご飯食べて」と弟のデイビットの顔をくしゃっと触る一連の流れに、喧嘩翌日特有の照れ臭さのようなものを感じて、それがこの家族らしさを表していて好きでした。

◯ジェイコブがダウジングの営業を断った後にデビッドと会話するシーン。
移民であるという事実も、ジェイコブたちの生活に強く影響していました。それはどちらか一方ではなく互いの意識の中にあるのもので、直接的な苦悩や悲しみというよりも、日常にあるささやかな歪みとして描かれており、だからこそ、ジェイコブ一家がこの映画の中で確かに生きているのだという主張が、その体温まで感じられるほどにリアリティをもって強く響いてきました。

◯ジェイコブが農場で煙草を吸うシーン。
中盤、ジェイコブがひとり農場でしゃがみながら煙草を吸う場面が強く印象に残っています。草むらの中、なんともいえない表情でひとり煙草を吸うジェイコブを観ていると、まだ暑い時期の夕方特有のむせ返るような匂いすらこちらまで漂ってくるようでした。

Q:特に印象に残ったキャラクター、好きなキャラクターがいれば、その理由も教えてください。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル