top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

子どもの「なりたい大人」1位は「会社員」 テレワーク姿の両親は頼もしい!?

J-CAST会社ウォッチ

コロナ禍で、男子小学生が選んだ人気の職業の第1位は、なんと「会社員」だった――。2位のYouTuber/動画投稿者やサッカー選手を抑えてのこと。「会社員」は女子小学生の第4位にもランクインしている。

第一生命保険株式会社が、全国の小学生(3~6年生)、中学生、高校生を対象に、「大人になったらなりたいもの」を聞いた。3月17日の発表。

意外な結果に、ざわつく大人たち。新型コロナウイウルスの感染拡大が子どもたちの職業観を、どのような変化をもたらしたのか……。

「会社員」6カテゴリーのうち、5つを制す!

調査は、小学生から高校生まで、それぞれを男女別で集計した。今回、男子小学生で1位になった「会社員」は、中学生の男子・女子、また高校生の男子・女子と、6つのカテゴリーのうち5つを占めた。女子小学生でも、4位にランクされている=下表参照(中・高校生は2ページ)。

「会社員」を選んだ男子小学生(N=581)は全体の8.8%、女子小学生(N=553)で5.8%、男子中学生(N=471)18.3%、女子中学生(N=449)13.6%、男子高校生(N=487)22.2%、高校生女子(N=459)20%となり、学年が上がるほど「会社員になりたい」という子どもの割合は高くなった。

■小学生の「大人になったらなりたいもの」 【小学生・男子】 1位:会社員(8.8%) 2位:YouTuber/動画投稿者(8.4%) 3位:サッカー選手(7.6%) 4位:ゲーム制作(7.2%) 5位:野球選手(6.4%) 6位:鉄道の運転士(4.6%) 7位:警察官(4.5%) 8位:公務員(4.1%) 9位:料理人/シェフ(3.4%) 10位:ITエンジニア/プログラマー(2.9%) 10位:教師/教員(2.9%)

広告の後にも続きます

【小学生・女子】 1位:パティシエ(14.1%) 2位:教師/教員(7.1%) 3位:幼稚園の先生/保育士(6.0%) 4位:会社員(5.8%) 5位:漫画家(4.5%) 6位:料理人/シェフ(4.3%) 6位:看護師(4.3%) 8位:芸能人/アイドル(3.8%) 9位:公務員(3.4%) 9位:医師(3.4%)

第一生命経済研究所ライフデザイン研究部の主席研究員、的場康子さんは、子どもたちのあいだで「会社員」が人気になった背景について、「コロナ禍のリモートワークの導入で在宅勤務が広がり、自宅で仕事をする父親や母親の姿を目の当たりにしたことで『会社員』という職業を身近に感じた子どもが多かったのではないか」と指摘。「AI(人工知能)やロボットなど技術革新が進み、子どもたちが大人になるころには、今は想像できないような会社が創られ、新しい職業も生まれる可能性があります。そのような社会の変化を敏感に感じて、子どもたちなりに新しい『会社員像』を思い描いているのかもしれません」と分析している。

YouTuber、パティシエ、公務員も人気

男子小学生の2位は「YouTuber/動画投稿者」と時代を反映。3位以下は「サッカー選手」、「ゲーム制作」、「野球選手」、「鉄道の運転士」と続く。「男児のあこがれの職業」がランク上位に並んだ。

女子小学生のトップは「パティシエ」。続いて「教師/教員」「幼稚園の先生/保育士」。コロナ禍のステイホーム期間に、「家族とお菓子作りを楽しんだ子どもたちも多かったのではないか」と推察できる。

男子中学生の2位以下は、「ITエンジニア/プログラマー」や「公務員」、「YouTuber/動画投稿者」、「ゲーム制作」、「鉄道の運転士」が続く。女子中学生では、2位に「公務員」。以下「看護師」、「パティシエ」、「教師/教員」、「幼稚園の先生/保育士」。女子小学生で6位だった「看護師」が3位にランクインし、コロナ禍でエッセンシャルワーカーの重要性が広く認識された影響とみられる。

男子高校生の2位以下は、「ITエンジニア/プログラマー」や「公務員」、「ゲーム制作」、「教師/教員」の順。女子高校生では2が「公務員」。次いで「看護師」、「教師/教員」、「幼稚園の先生/保育士」となった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル