top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

“野戦病院”と化したDeNAの救世主は?

週刊ベースボールONLINE


16日のオリックス戦(京セラドーム)、11回表に右中間へ決勝打となる適時三塁打を放った神里

 6月15日、オリックス戦(京セラドーム)のスタメンから「筒香嘉智」の名前が消えた。理由は「背中の張り」で、現時点でフリー打撃を再開したとはいえ、3戦を欠場。ロペス(左太腿痛)、梶谷隆幸(腰痛)、ソト(体調不良)に続く、痛すぎる主力の離脱となったことだけは間違いない。

 互いにクリーンアップに座り、DeNA打線をけん引してきた筒香とロペスがそろって不在なのは、2015年6月3日ソフトバンク戦(横浜)以来3年ぶり。さらに筒香、ロペス、梶谷という看板選手3人の名前がスタメンにないのは、ロペスが加入した15年以降では初めてのことだった。

 オリックスとの初戦(15日)、打線は11安打を放ったが3得点とつながりの悪さを露呈した。2戦目(16日)は延長11回に神里和毅の決勝タイムリーでからくも勝利するも、わずか3安打。レギュラークラスで先発したのが、宮崎敏郎、大和のみというラインアップでは迫力不足は否めず、“横須賀”(二軍の本拠地)ベイスターズと嘲笑されても、仕方のない陣容だった。

 そして3戦目(17日)は相手の先発、左腕ルーキー・田嶋大樹の前に6連続三振を喫したのをはじめ、オリックス投手陣に4安打1失点に封じ込まれてしまった。

 ラミレス体制となって3シーズン目。これほど離脱者が出たのは初めてのことで、指揮官が就任した16年以来、最悪のチーム状態にあると言っていい。さらに、投手陣では交流戦の最終戦で先発予定だったウィーランドが上半身違和感で登録抹消。オリックス戦の3戦目で6失点KOの今永昇太の二軍再調整も決まり、ラミレス監督の悩みは深い。

 とはいえ、まるで“野戦病院”の状態は、一軍で生き残りをかける選手たちには千載一遇のチャンスとなる。彼らの中でチームの救世主となるのは誰か──。オリックスとの2戦目で決勝打を放った神里はいわずもがな、1戦目で今季1号アーチを放ち、翌日から「五番、一塁」でスタメン起用される中川大志、そして1戦目の9回表に代打で登場すると右安打を放ち、2戦目で決勝点につながる犠打を決めた関根大気もひさしぶりに一軍の舞台で存在感が光った。

 現時点で交流戦の成績は、7勝9敗0分け、勝率.438(8位)。ラミレス監督は、「一軍にいない選手のことを考えても仕方がない。今いる選手でしっかりベストを尽くす」と前を向き、厳しい状況を既存戦力で乗り切ることがチームの底上げにつながると考えている。

 交流戦は18日西武戦(横浜)、19日楽天戦(横浜)を残すのみ。この2試合に勝てば、当初、目標としていた交流戦での「勝率5割」に手が届く。指揮官が繰り返し口にするように「どう始めるかより、どう終わるかが重要」なのだ。

文=滝川和臣 写真=佐藤真一

TOPICS

ランキング

ジャンル