top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

子どもが喜ぶメイン揚げ物を超時短で!夜ごはん作りが楽しくなるアイデア【たべぷろワーママ応援レシピ2021春賞エントリーメニューを作ってみた】

たべぷろ

働くママのおうちごはん作りをラクにするレシピの頂点「たべぷろワーママ応援レシピ2021春賞」の読者投票が3月23日まで行われています。前回に続いて、たべぷろのワーママ編集部員がエントリーレシピにチャレンジ。「薄切り豚ロースとコーンフレークを使った揚げないカツ」と「乾燥マッシュポテトを使った火を使わないコロッケ」を作った感想をお届けします。家族みんなが大好きな揚げ物。でも、工程が多く面倒くさいのがママの本音ですよね。そんな時に今回のレシピを活用すれば、火を一切使わずに時短でメインの揚げ物が完成します!「こんな方法があったんだ!」という目からウロコのアイデアに驚くことまちがいなしですよ!

衣の代わりにコーンフレーク!揚げないミルフィーユカツ

シンプルだけど手間がかかるとんかつ。お肉に下味をつけたり、衣を用意したりと、キッチンのスペースを使う分、洗い物が多いのも面倒なところです。このレシピのすごいところは、「揚げない」アイデアにプラスして、衣の代わりにコーンフレークを使用するところ。下味不要、衣の準備不要で、省スペース、洗い物は卵を溶いたボウル1個という、手間なし&時短がかないます!

材料は、薄切り豚ロース、コーンフレーク、卵、小麦粉のたった4つ!通常のミルフィーユカツはお肉を重ねる手間があるのに対し、このレシピはパックに並んだ状態のまま液をつけるので手間も洗い物もカット!すごいアイデアです。

レシピでは、トースターを使用するので受け皿にアルミホイルを敷きますが、今回はオーブンレンジのトースター機能を使用するため、受け皿に直接お肉をのせて両面にコーンフレークをまぶしました。コーンフレークをぎゅっとお肉に押し付けるのがポイントだそう!

10分ほど焼き色をつけ、食べやすい大きさに切って完成!調理時間5分、焼き時間10分の合計15分で完成しました。

広告の後にも続きます

一口食べると、コーンフレークのザクザクっとした食感が楽しく、コーンの香ばしさが口の中に広がります。調理中は、「下味をつけなくて大丈夫?」と思っていたのですが、コーンフレークの自然な甘みもロースの美味しさを引き立てていました。また、ミルフィーユ状なので2歳の娘にも食べやすく、お菓子のような食感にも喜んでたくさん食べてくれましたよ!

詳しいレシピはこちら→ワーママにおすすめ揚げないミルフィーユかつレシピ!トースターで焼くだけ驚き時短テク(キッズ食育マスタートレーナー 増田陽子)

 

この投稿をInstagramで見る

 

たべぷろ(@tabepro)がシェアした投稿

茹でない、炒めない、揚げないの超時短コロッケ!

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル