top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【震災10年】小泉氏ら元首相5人が脱原発宣言 「原発は安全でクリーンで安い、全部ウソだった」

J-CAST会社ウォッチ

東日本大震災から10年を迎えた2021年3月11日、小泉純一郎氏をはじめ、細川護熙氏、村山富市氏、鳩山由紀夫氏、菅直人氏の5人の元首相が、脱原発と自然エネルギーの推進を訴える「3.11宣言」を発表した。

小泉氏と細川氏が顧問を務める「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」が同日、東京都千代田区の憲政記念館で、オンライン会議「原発ゼロ・自然エネルギー100 ~福島原発事故から10年~」を開いた。小泉氏が基調講演を行ったほか、5人が宣言文を発表した。

「安全な原発を造っていると考えていた」

「あの事故前、私は原発推進論者だった。日本は広島・長崎の被曝を知っているから放射能には敏感だ。米国のスリーマイル、旧ソ連のチェルノブイリ原発事故も参考にしながら、安全な原発を造っていると考えていた。ところがそうじゃなかった」

小泉純一郎氏は講演で、こう切り出した。

「なぜ信じてしまったのか。経済産業省は原発が安全でクリーンでコストが安いと言っていたが、この3大大義名分は全部ウソだとわかった」

と、政府のエネルギー政策を批判。「(東京電力は)安全第一と言いながら、実際は収益第一だった」として、「原発事故は人災だ」と断じた。

小泉氏は、「日本は原発ゼロでやっていけることを事実が証明した」と強調。原発事故後、国内のすべての原発54基が約2年間、運転を停止しても停電など起きなかったとして、「原発ゼロは無鉄砲でも非現実的でもない」と強調した。

広告の後にも続きます

さらに、小泉氏は「野党が『原発ゼロにしよう』と言い出して、自民党は『原発が必要だ』といえるかどうか。選挙民は原発をやらせようというほうに投票するか、私は疑問に思っている」、とも発言。今秋までに行われる総選挙の争点になり得るとの考えを示した。

会場には菅直人氏と鳩山由紀夫氏も駆けつけ、小泉氏の講演終了後、そろって登壇。小泉、菅、鳩山の3氏は、がっちり握手した。

菅氏は、

「この10年間で原発は建設コストが3倍になった。将棋でいえば原発は完全に投了の場面なのに、投了しないと言って原子力ムラが頑張っている」

と、経産省や大手電力会社を批判した。

そして、

「我が国には農業と太陽光発電を同時に行う営農型発電という方法がある。原発などより営農型太陽光発電の拡充に力を注ぐべきだ」

との考えを示した。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル