top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

世界の映画作家に影響を与えた“台湾ニューシネマ”は、 なぜ生まれたのか?「台湾巨匠傑作選 2021」で開催されるホウ・シャオシェン 大特集!予告完成!

cinefil

4/17(土)より開催の「台湾巨匠傑作選 2021」では、2020年に監督デビュー40周年を迎えた巨匠ホウ・シャオシェンの監督作、出演及びプロデュース作品まで、現在日本で上映可能なホウ・シャオシェン関連作全22作品を一挙上映いたします。
なお、昨年「台湾巨匠傑作選 2020」で満席の回もあり好評を得た、【隠れた名作台湾映画発掘!貴重な未公開映画上映&解説】特集コーナー「江口洋子スペシャルセレクト5作品」を今年も開催します。

このたび、予告編映像が完成し、全作品の上映スケジュールも決まりました。
予告編では、今回、特別上映作品として公開される、『風が踊る[デジタルリマスター版]』と、 フランスの名匠オリヴィエ・アサイヤス監督による貴重なドキュメンタリー映像『HHH:侯孝賢[デジタルリマスター版]』の映像を公開します。

1981 年の監督デビュー2 作目『風が踊る』は、フィルムアーカイブ作業においては新しい時代の作品ながらも、状態の劣化が非常に激しく修復作業には困難を極めた作品。予告編映像では、台湾ニューシネマ前夜、ホウ・シャオシェンが世界に羽ばたく直前の初々しいラブストーリーが、デジタル修復を得て、色鮮やかに当時のカラーが蘇った映像を公開している。
80 年代初頭、民主化へと向かいつつある戒厳令下の台湾社会を背景に、伝統的な家族観や結婚観と自由恋愛の間で揺れ 動く自立した女性の心理を、キャッチーな歌謡曲にのせて軽やかに描いた。ロングショット、田舎の風景と子供たちといった、後のホウ作品に繋がる台湾ニューシネマ以前の瑞々しい息吹だ。

また、批評家時代から台湾ニューシネマを積極的に世界に紹介し、監督デビュー後 もホウ・シャオシェンからの影響を公言して憚らない、フランスを代表する映画監督の一人オリヴィエ・アサイヤスが、ホウ・シャオシェンとともに台湾を旅しながら、彼の素顔に迫った貴重なドキュメント『HHH:侯孝賢』(97)は、フランスの伝説のTV シリーズ「我らの時代の映画」の一環で制作されたもので、このたびオリヴィエ・アサイヤス監修のもと、デジタル修復が実現した。脚本家チュー・ティエンウェン(朱天文)、ウー・ニェンチェン(呉念真)ほか、ホウ監督と共に台湾ニューシネマの傑作群を制作してきた映画人たちのインタビューを交え、『童年往事 時の流れ』(85)『冬冬の夏休み』(84)『悲情城市』(89)『戯夢人生』(93)『憂鬱な楽園』(96)の映像を振り返りつつ、ホウ監督とアサイヤス監督が作品ゆかりの地をめぐる。予告編映像では、ホウ・シャオシェンやエドワード・ヤンが牽引し、世界の映画作家に影響を与えた“台湾ニューシネマ”は、 なぜ生まれたのか? 台湾の近代史にも触れながら、監督生活 40 年を迎えた巨匠が語る真実にも触れ、興味深い映像がうかがえる。

「台湾巨匠傑作選 2021」侯孝賢 ホウ・シャオシェン大特集 予告

広告の後にも続きます

配給:オリオフィルムズ
提供:竹書房/オリオフィルムズ

4月17日(土)~6月17日(金)より新宿 K’s cinema 他順次ロードショー!

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル