top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

劇場アニメ『どうにかなる日々』ファイルーズあいインタビュー「それぞれが幸せで、愛し合っていればよくない?っていうメッセージ性がわたしは大好きです!」

ガジェット通信

「放浪息子」「青い花」などの代表作で知られる青春群像劇の名手・志村貴子による、さまざまな恋模様を淡く繊細に描いたオムニバス漫画(太田出版刊)を原作とした劇場アニメ、「どうにかなる日々」のBlu-ray&DVDが3月17日に発売となりました。

元恋人の結婚式、男子校の先生と生徒、心と身体の変化を迎える思春期の幼馴染。誰が相手でも、どんな形でも、すべての恋と生き方には同等の価値がある。そして、不器用に誰かを想った日々は、きっといつか愛しい思い出になる。そんな“誰かの恋”を優しく見守り、温かく描くオムニバスショートストーリー集です。

その発売を記念して登場キャラクターの一人、小夜子を演じた注目の若手声優のファイルーズあいさんへインタビュー。2019年にテレビアニメ「ダンベル何キロ持てる?」の主人公・紗倉ひびき役で声優初主演。以後、「推しが武道館いってくれたら死ぬ」など人気作品への出演が絶えず、その親しみやすいキャラクターも人気を集めています。本作の魅力についておうかがいしました。

■インロトダクション

誰かを想う日常は、ときに甘くて、ときに痛い。そんな、なるようにしかならない日々も、きっと、いつか。
元恋人の結婚式、男子校の先生と生徒、心と身体の変化を迎える思春期の幼馴染。
誰が相手でも、どんな形でも、全ての恋と生き方には同等の価値がある。
そして、不器用に誰かを想った日々は、きっといつか愛しい思い出になる。
そんな“誰かの恋”を優しく見守り、温かく描くオムニバスショートストーリー集。

広告の後にも続きます

●劇場公開時にも話題になった本作ですが、改めて完成した映像を観た時の感想はいかがでしたか?

まず日常感がすごくあるなと思いました。わたしが演じた小夜子だけでなく、ほかのキャラクターもそこに存在しているような。ドアを開けて外に出たら、本当に会えるのではないかと思うほど、身近に感じるキャラクターばかりでした。そこにいろいろな恋愛模様が出てくるから、共感できる部分も多いんですよね。愛の形を「これ!」と決めず、いろいろな形の愛が出てくるので、そこも魅力だと思いました。

●静かな映画なのですが、力強い作品だとも思いました。

セリフの数はそれほど多くはないのですが、空気感で物語を紡いでいく、空気が言葉みたいな瞬間がありますよね。みかちゃんとしんちゃんが黙々と宿題をやっているシーンは夏の風鈴や扇風機の音だけですが、それでも何百の言葉が飛び交っているようなメッセージ性を感じられるようでした。言葉以上のコミュニケーションをわたしも感じました。

●そのしんちゃんの従姉であり、過去がある小夜子というキャラクターを演じてみて、いかがでしたか?

もともとナチュラルなお芝居が得意じゃなかったのですが、この作品はナチュラルさが求められる作品だと思ったので、肩の力を抜いてキャラクターを憑依させることに注力しました。小夜子というキャラクターに通ずる部分があったので憑依させやすく、自分が小夜子のつもりで話していたら、自然に彼女になったような気がしました。役者として一段階上に成長させてくれた作品になりましたね。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル