top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

闇に葬り去られた伝説のカルト映画『デッドロック』-ダモ鈴木を擁したクラウトロックの雄 CANの名曲が殺戮の荒野に炸裂!予告完成!

cinefil

1970 年に製作されたローラント・クリック監督『デッドロック』(原題: DEADLOCK)が、 5 月 15 日(土)より新宿 K’s cinema 他にて公開が決定しました。

「ファンタスティックで、ビザールで、ギラついている。」
ーアレハンドロ・ホドロフスキー

ニュー・ジャーマン・シネマの栄光から背を向け、闇に葬り去られた伝説のカルト映画
半世紀を経てクラウト・ロックの雄、CAN の名曲を映像付きで堪能せよ!

© Filmgalerie451

広告の後にも続きます

© Filmgalerie451

荒野を彷徨うかのように逃げてきた傷ついた若い男。荒れ果てた家に住むさえない中年男と狂女、そして口のきけない美少女。黒づくめの殺し屋が静かにやって来る。墓場に埋められたはずの 100 万ドルを奪い合い、男たちの闘いが、いま始まる―!

わずか 7 人の登場人物、“アメリカ”が舞台でありながらイスラエル・ネゲヴ砂漠で撮影されたドイツ映画『デッドロック』は、クラウト・ロックの雄 CAN(カン)のサイケデリック なサウンドトラックが鳴り響き、明らかにセルジオ・レオーネの『続・夕陽のガンマン』 (66)を思わせる物語にも関わらず、アレハンドロ・ホドロフスキーの『エル・トポ』 (70)やジョージ・A・ロメロの『ゾンビ』(78)の影響下にあるようなポストアポカリプス的雰囲気に溢れている。

© Filmgalerie451

© Filmgalerie451

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル