top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

盗難された大島渚監督『戦場のメリークリスマス』海外ポスターが無事返却!経緯を配給会社が発表!

cinefil

大島渚監督最大のヒット作『戦場のメリークリスマス』(83)と最大の問題作『愛のコリーダ』(76)をデジタル素材に修復し、『戦場のメリークリスマス 4K修復版』が4月16日(金)、『愛のコリーダ 修復版』が4月30日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次“連続”公開致します。

昨日、ニュースリリースにてお知らせいたしました2作品の公開に先駆けて開催していたポスター展において『戦場のメリークリスマス』の海外版ポスターが盗難された件につきまして、本日3月18日、当該ポスターが新宿武蔵野館に無事返却されたことが配給会社より発表されました。

以下、配給会社代表からの発表文

拝啓

去る3月15日午前に盗難されました『戦場のメリークリスマス』海外版オリジナルポスターにつきまして。
本日3月18日に、差出人不明で新宿武蔵野館に返却されたという連絡を受けました。

広告の後にも続きます

弊社も先ほど劇場に伺いまして、それが現物であることを確認いたしました。

弊社としましては、ポスターが無事戻りましたので、
権利元である大島渚プロダクション様とも協議いたしまして、
これ以上の詮索は行わないつもりでございます。
ただし警察によりますと、捜査は今後も継続されるとのことです。

なお、一度中止いたしました『戦場のメリークリスマス』ポスター展に関しましては、
安全面を考慮に入れまして、同劇場にてレプリカ版のポスター展示に変更させていただきます。
今回盗難されたポスターに関してもレプリカとして展示する予定でございます。

また、映画『戦場のメリークリスマス 4K修復版』、『愛のコリーダ 修復版』の上映も
当初の予定通り行いますので、ポスターレプリカ展と合わせてご覧いただければ幸いです。

配給会社としましては、今後このようなことが無いようセキュリティを強化し、
一層の再発防止に取り組んでまいります。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル