top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「人食いバクテリア」と呼ばれる劇症型溶連菌感染症の恐ろしさ

ママテナ

「人食いバクテリア」と呼ばれる劇症型溶連菌感染症の恐ろしさ(C)ママテナ 「人食いバクテリア」という別名を持つ「劇症型溶連菌感染症」。
その恐ろしい病気の症状や治療、予防法をご紹介します。

感染した30%以上が死に至る病気

突然発症し、急速に多臓器不全になり死に至ることも多い「劇症型溶連菌感染症」。

メディアでは「人食いバクテリア」と報道されることもあります。

米国で1987年に初めて報告された比較的新しい病気で、日本では1992年に最初の症例が報告され、毎年100〜200人の患者が確認されているそう。

そして、このうち30%もの人が死亡しています。

東京都では2015年、2016年で年間60人以上が罹患。近年、増加傾向にあります。

広告の後にも続きます

劇症型溶連菌感染症は、レンサ球菌による感染症です。

通常は、レンサ球菌に感染しても無症状のことが多く、症状があっても咽頭炎や皮膚の感染症など軽いものです。

それが稀に、血液や筋肉、肺など普段は細菌が存在しない組織に感染し、重篤な状態になるのです。

残念ながら、日常にありふれたレンサ球菌が劇症型になる経緯については明らかになっていません。

劇症型溶連菌感染症は、患者の傷口に直接触れることなどによって感染します。

はじめは、発熱や悪寒など風邪のような症状に見舞われます。



  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル