top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「仙夏(岡田結実)と蔵地(葉山奨之)はどうなってしまうの?」両想いもつかの間、時空の壁が立ちふさがる!?ドラマ『江戸モアゼル』

テレビドガッチ


岡田結実主演の連続ドラマ『江戸モアゼル』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜よる11:59〜)の第9話が3月4日に放送された。江戸時代からタイムスリップしてきた花魁の仙夏(岡田結実)は、蔵地(葉山奨之)との不器用な恋を実らせ、交際をスタートさせる。一方で、仙夏の婚約者・長兵衛(一ノ瀬颯)が江戸へ帰るための条件を見つける。条件が揃うのは10日後で、その日を逃がすと二度と江戸に帰れなくなると言う。Twitterでは、「仙夏と蔵地はどうなってしまうのだろうか……」「切なすぎて涙が出る」と、仙夏と蔵地の恋の行方を心配する声が上がった。

仙夏は「この度、あたしは蔵地と恋仲になろうと思う」と、アルバイト先のカフェ“蔵”の店長・雄彦(田中直樹)やカフェの同僚たち、そして鳥居(前田公輝)や泉美(吉谷彩子)にも報告する。さらに仙夏は蔵地に対して「あたしを“でぇと”とやらに連れて行って楽しませておくれ」と、蔵地が自分にふさわしい男か試験したいと言い出す。ボウリングやゲームセンターでごく普通のデートを楽しみ、なんだかんだで幸せいっぱいの2人。しかし、その帰り道、仙夏が高熱を出して倒れてしまった。翌日、体調は回復したものの、仙夏から「江戸の記憶」が薄れ始めていく……。

一方、自分から蔵地を振ったはずの泉美だったが、まだ失恋の傷が癒えていなかった。鳥居はそんな泉美を気にかけ、励まそうとする。しかし泉美は「私の傷口広げてるの、何で気づかないんですか?」と鳥居の好意を素直に受け止められない。

さらに、江戸に帰りたい長兵衛を応援し続けていた寿乃(山口まゆ)も、「どうしても長兵衛さんに江戸へ帰って欲しくなくて……」と本音を打ち明ける。寿乃からの突然の告白に、長兵衛は戸惑う。仙夏と蔵地だけではなく、泉美・鳥居・長兵衛・寿乃、全員が自分の気持ちと向き合い決断を下すことを余儀なくされていた。Twitterでは、「仙夏は、江戸に帰るのか?」「タイムスリップ出来るの10日後って早すぎるよな」「幸せそうな仙夏さんと蔵地をもっと見ていたい」「仙夏と蔵地はどうなってしまうのだろうか……」「切なすぎて涙出る」「皆の幸せを願っています!」「最後まで目が離せない」と、物語の結末に期待と不安を感じている視聴者からのコメントが多数寄せられた。

江戸に帰れる可能性が見つかった矢先、仙夏に江戸の記憶が薄れていくという異変。やっと両想いになれた仙夏と蔵地に別れの予感が。2人の恋は、時空の壁を超えられるのか!?

【文:齋藤めぐみ】

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル