top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

いよいよ決戦の時…? 地上157メートルの天空フロアに出現した「セーブポイント」がこちら

Jタウンネット

アクションゲームやロールプレイングゲームなどでは、ゲームの途中でセーブを行うための地点が設けられ、セーブポイントと呼ばれている。

例えば、強いボスキャラクターと戦う前など、いやが上にもプレイヤーの緊張感が高まる、独特なシチュエーションとなっていることも多い。

2021年3月2日、「突然目の前に豪華なセーブポイントが現れた」というツイートが投稿され、話題となっている。

写真は、豪華極まりない「セーブポイント」の様子だ。

広告の後にも続きます

「『まさか…ボス戦の前…』と狼狽えた……」とコメントが添えられているが、ただならぬ雰囲気が漂っている。

投稿主は、6151(@besidecoffee)さん。プロの写真家である。このツイートには5万9000件を超える「いいね」がつけられている。

6151さんは「地上157メートルに行く為にゴールドタワーという名のビルに入りエレベーターで最上階の天空フロアに上った」と説明しているが、いったいここはどこだろう?

金魚、鏡、ミラーボールで演出された異空間


6151(@besidecoffee)さんのツイートより

ゴールドタワーは、香川県綾歌郡宇多津町にあるガラス張りのタワーだ。投稿主の6151さんは、こうもつぶやいている。

「ゴールドタワー地上157m天空フロアにある金魚と空を眺めるアートアクアリウム『ソラキン」。煌めくクリスタルやオーブな水槽達がお出迎え。壁面はガラスの水槽が並べられ瀬戸大橋、瀬戸内海や香川の街を背景に泳ぐ金魚達。まるで空を泳いでいるみたいで幻想的な空間だった」

香川県にこんな場所があるなんて……、読者はご存じだったろうか。 まったく知らなかったJタウンネット記者は、ゴールドタワーに取材することにした。


6151(@besidecoffee)さんのツイートより
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル