top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

大谷の二刀流はアメリカンドリームだ

週刊ベースボールONLINE


大谷は野球選手誰もが叶えたいと思うことを現実に果たしている。それこそがアメリカンドリームだ


 大谷翔平が日本ハム時代のこと。アメリカの現地記者に「大谷についての話は、メジャーの首脳陣から自発的に出てくるのか」と聞いた。そのときの答えは「そうだ」だった。実際にこれまで、メジャー挑戦を目指す日本人選手に対し、日本人記者が質問しないと答えないことがほとんどだっただけに、大谷は注目のされ方は、これまでの選手たちとは大きく違っていたのだ。

 そして、現在「二刀流」で大活躍をし、エンゼルスにとって投打で欠かせない存在になった。多くのファンがその想像していた以上の活躍ではないだろうか。そこで日本人記者が大谷についてメジャー選手たちにコメントを求める。これも、これまでの日本人メジャーと同じ流れだ。

 そういうコメントを求めることについて、大谷自身の心象が悪くなるのでは? 大谷のことばかり聞くのは失礼では? という意見も聞く。しかし、そこもこれまでの日本人メジャーとは大きく異なっている。何せ、アメリカ人のエンゼルスの番記者や、敵チームの番記者が、対戦したチームの選手や監督にコメントを求めているのだ。このような感覚は、イチロー選手くらいだろうか。それだけ大谷はメジャーの中でも認められている存在と言っていいだろう。

 100年間ベーブ・ルース以外できなかった「二刀流」を実現しようとし、いまのところ成功している。それはアメリカで「常識外」のことが起こっていることへの驚きとワクワク感になっている。彼らが好きな「アメリカンドリーム」の1つと言っていいだろう。多くのメジャー・リーガーも小さいときは四番で投手というヒーローだったはず。それをメジャーという夢をつかむため、得意なほうを伸ばし、どちらかを断念した。しかし、目の前に自分が夢見た姿を体現しようとしている選手がいるのだ。現地の記者たちも目の前で起こる「常識外」の出来事に一喜一憂し、選手にコメントを求める。それは必然のことであると思うのだが。

文=椎屋博幸 写真=Getty Images

TOPICS

ランキング

ジャンル