top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

なんて神秘的なの… 冷たい雨が降った後、北海道で発見された「氷の標本」が美しすぎる

Jタウンネット

3月に入ってもなお厳しい寒さが続いている北海道で、なんとも神秘的な状態の植物が撮影され、注目を集めている。

それがこちら。


氷の標本(画像はユメキ@yumeki_osamushiさん提供)

これは北海道在住で、普段は大好きな昆虫のために道内を駆け巡っているというデザイナーのユメキさん(@yumeki_osamushi)が2021年3月3日に投稿した写真。真っ白な雪のじゅうたんの上で、こちらに向けて垂れさがっているのはエノコログサ、通称「猫じゃらし」と呼ばれる雑草だ。

ふさふさとしたホウキのような穂が特徴的な猫じゃらしだが、この写真では氷漬け。自然が作った「標本」になっており、まるでなにかの羽のようにも見える。

なんとも不思議で、美しい光景だ……。

広告の後にも続きます

この写真に、ツイッターでは

「きれーい!」
「芸術的」
「骨格標本みたいだ…」
「ジュンサイに見えた」
「なんか深海にいそう」

といった反応が寄せられている。

雨水が凍って……

Jタウンネットは5日、投稿者のユメキさんを取材し、この写真について詳しい話を聞いた。

この写真は、2日、ユメキさんの奥さんが北海道の日高町で撮影したものだそう。

アメダスの記録によると日高町の気温は1日の夜から氷点下が続いていた。2日は一日を通してマイナス1度以下の気温。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル