top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ホンモノのネジにしか見えない…! クオリティの高すぎる「鉛筆彫刻」に驚きの声

Jタウンネット

小学生の頃、鉛筆の芯をやたら鋭く削って遊んでいた、という人はきっと少なくないだろう。

身近なものを加工して遊ぶという体験は、誰しもが子供のころに通る道のはずだ。

今回、そんな鉛筆遊びの究極系とでも言うべき作品が、ツイッターで話題になっている。それが、こちらだ。


本物を刺したようにしか見えない(以下、画像はシロイ(@shiroi003)さんのツイッターより・編集部でトリミング)

写真に映っているのは、一本の鉛筆。しかし、その先端にはなぜか小さなネジが突き刺さっている。

いや、違う。実はこちら、鉛筆の先端にネジが突き刺さっているわけではなく、芯を削ってネジの形にしているのだ!

広告の後にも続きます

均等な幅で並んだねじ山で出来たらせんといい、ドライバーを差し込むための十字型の凹み具合といい、ピカピカの光沢といい、どう見ても本物のネジにしか見えない。

す、すごい。もはや「鉛筆削り」の域を軽く超えている。

本物のネジそっくりのこちらの鉛筆に対し、ツイッター上では、

「鉛筆にネジ突っ込んであるようにしか見えん・・・」
「細かな部分まで磨いてるところが凄いです!!」
「鉛筆の芯がアートになるなんて!」

といった声が寄せられている。

鉛筆を削って作る「鉛筆彫刻」の一作

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル