top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

この浮世絵の景色はドコ?今と昔の風景を比べてみよう

WOW! JAPAN (jp)

この浮世絵の景色はドコ?今と昔の風景を比べてみよう(C)WOW! JAPAN (jp) ゴッホやモネなど、世界的な画家にもインスピレーションを与えた浮世絵。日本らしい大胆な構図と色使いがとても印象的ですよね。そこで今回は、浮世絵のモチーフとなった都内近郊の5スポットを大調査!約200年前と今の風景を比べてみましょう。

浮世絵とは?

アート好き必見!近世・江戸時代のポップカルチャー「浮世絵」の世界とは

浮世絵とは、江戸時代(1603年~1868年)に成立し、江戸(現在の東京)の庶民を中心に発達した絵画様式。肉筆画と木版画(※)で表現され、主なテーマは庶民の生活や流行でした。
しかも、当時の浮世絵1枚の価格はそば1杯分ほど!これなら庶民も気軽に購入できますね。
今回ご紹介する葛飾北斎(1760年~1849年)と歌川広重(1797年~1858年)、歌川国芳(1798年~1861年)の作品も、江戸の庶民になじみ深い東京近郊の場所。それでは、彼らの描いた景色の200年後の姿を、作品とともに見ていきましょう。

※肉筆画…筆で描かれた絵画、木版画…木製の原版によって制作される版画

浮世絵好きにはたまらない!すみだ北斎美術館の楽しみ方

1. 葛飾北斎「神奈川沖浪裏」(神奈川付近の東京湾)

浮世絵師・葛飾北斎とは?世界が認める天才の生涯や作品などを徹底解説

「冨嶽(ふがく)三十六景」は、富士山が望める景色を描いた葛飾北斎の代表作。初めは題名の通り36図でしたが、とても人気があったため後から追加され、最終的に46の作品が残っています。
迫力ある荒々しい波ですが、本当にこんなに波が高い場所なのでしょうか?

この浮世絵の景色はドコ?今と昔の風景を比べてみよう
日本を代表する浮世絵師「北斎・広重」が描いた浮世絵の風景を巡る旅

この風景は、一説では北斎が東京湾を進む舟の上から見たものであると言われています。この景色を見るのにぴったりなのが、神奈川県と千葉県を結ぶ東京湾アクアライン。神奈川側は約9.5kmのトンネル、千葉側は約4.4kmの橋になっていて、その間には海ほたるパーキングエリアがあります。ちなみにこのトンネルは世界最長の海底道路トンネルなんですよ。
見た目には波はそれほど高くありませんが、船上では少しの波でも高く感じられるもの。この波の高さは北斎の体感なのかもしれませんね。

この浮世絵の景色はドコ?今と昔の風景を比べてみよう

2. 葛飾北斎「青山円座松」(??)

この浮世絵の景色はドコ?今と昔の風景を比べてみよう

次ページ>えっ⁉この絵が渋谷??

TOPICS

ランキング(おでかけ)

ジャンル